忍者ブログ

渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

なにか変りだしている。この加速度で大難を小難に変えれるかな・・・。

京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
都議選で自民大敗から一週間がすぎて。日本戦争屋の撤収司令と証拠隠し。自民は今、内紛中。
 こんにちは。

7日から、いろいろあって、なかなかまとまらない。

簡単なところから書きましょう。

この2月以降、森友・加計が政治問題化しているのは、当然こには、トランプを生み出した勢力のチカラが働いている。それは、2012年年末にデンデンに再度、政権をもたらせた勢力を、日本国内でもう終わりにするという大戦略の中にあると考えます。

 6月28日の段階で、自民の「負け」が判るように、どんどん、安倍政権の恥部を出した。デンデンのお気に入り稲田防衛大臣の自衛隊員に投票を求めるオバカ発言は出るべくして出たもの。南スーダンで丸腰の自衛隊員を銃撃戦の中に放置することになった判断力・責任感の欠如に、現場のみならず、この国のエスタブリッシュメントの面々も怒り心頭でした。

 「ハゲー」の暴言パワハラで日本国民を驚愕させた豊田真由子女史ですが、彼女がどんな人だったか、これを見れば判ります。http://livedoor.blogimg.jp/bilderberg54/imgs/0/9/09b0b9f4.jpg

 つまり、これまでの、この「緑」友の会を、変化させる訳ですね。だから、小池百合子が選挙のイメージカラーに、緑を選んだのかも。

 7月2日の投票が過ぎて、その整理と修正にこれから本格的に入るので、この4年半の安倍デンデン政権につきあい、身も心も捧げた官界の功労者に、ひとまずご褒美あげておく。財務省の佐川くんが国税局長になったのはこの意味でしょう。今、第二、第三の前川を如何に食い止めるか、必死ですね。

昨日10日の、前川喜平さんに対する閉会中審査は、安倍政権が当初の「国家戦略特区」構想で、獣医学部の新設に関し、担当大臣の石破茂によって策定され、閣議決定された国家方針である、以下4原則を簡単に破って、加計を押し込んだ事態が再度、強調された。

 ①既存の獣医師の養成でない構想が具体化し、②ライフサイエンスなど獣医師が新たに対応すべき分野における具体的需要が明らかになり、かつ、③既存の大学・学部では対応が困難な場合には、④近年の獣医師の需要の動向も考慮しつつ、全国的見地から・・・

なぜ、デンデンは、加計を急いだのか?加計には、何か、特別の目的や使命でもあったのか? 

この部分に関して言えば、やはり、昨年の「911」でヒラリー(本物)が死んだことが影響したのかも知れません。「どんなことがあっても、2018年4月には開校せよ」と急がせたのは、デンデンの意向よりも、アメリカ側(戦争屋)からの要請だったのかも知れませんね。獣医学部で、なにか特別な研究をするつもりだったのかもしれません。考えたくないですが、第二次大戦中、満州のハルピン郊外にあった「731」研究所で何があった、かですね。あのときのトップ研究者はみな司法取引され、無罪になってアメリカに移されたことは判っていますが。

 前川さんは昨年9月後半から始まった、官邸から文科省に出される強引な指示に「行政がゆがめられた」と憤慨しましたが、それに加え、今年に入り、与謝野馨氏の突然の死で、何か思い当たるところがあったのかも知れません。同氏が文部大臣時代に秘書官を務めていたのが前川氏でした。

 読売新聞で個人情報を晒されて、前川氏は、全て話した方が自分自身を守れるし、この異常な内閣のやり方を告発・阻止できると考えたのでしょう。前例に籠池氏の例があった。

 昨日のNHK国会中継では森ゆうこさんの質問が相撲中継と重なり、ライブで放送されなかった。森さんは、今治市が公開した官邸への出張記録を取り上げ、それに対応する記録が官邸側にないとする菅官房長官に、「国民を馬鹿にするな」と怒鳴りました。当然ですね。 

 もう、国民は十分に知っています。全てはデンデンの思惑。裏にはJR東海の葛西敬之がいた。さらに日本の原発マフィアがいた。それらの信条と心情を読み切って操作したのが、アメリカのFRBに繋がる悪魔の戦争屋だった。しかも、愛国を語る日本会議の面々には、明治の皇国史観どまりの思考力で、そこに安心を求める幼さで、戦時体制が美しいと考えるアナクロのファシストばかりだったと。

 今、悪魔の戦争屋のチカラが急速にしぼんでいる。

 ただ、沖ノ島の世界遺産に、8世紀から現代まで続く、宗像三女神信仰の関連遺跡まで含まれた。これは、日本国が、その存在基盤を、皇国史観のアマテラス信仰においており、それが崩れることを怖がって、精一杯の政治力を発揮した結果でしょう。縄文までの連続性が、まだ見えていないのですね。

まあ、尤もキリスト教関連の世界遺産にしても、「三位一体」の信仰(信念)体系が作り出した、美術品や建造物で、そう信じた時代もあったよね、という、まさに、記念碑的な遺構です。

 北部九州で「線状降雨帯」ができる大雨の時、デンデンはドイツ・フランウフルトのG20に出席。

ここでは、もう完全に蚊帳の外。北朝鮮のミサイル騒ぎは、元々、極東限定のヤラセで、その仕掛け人は、アメリカの戦争屋と岸信介系統「満州亡霊」がタッグをくんで、北と通じたマッチポンプ。

 デンデンが何か言おうとしている中、G20最中に、ISISに取られたイラクのモスルの奪回作戦が進んで、9日は消滅。

 これで世界の主流国の米中ロは一斉に、北朝鮮問題に着手。もう、アメリカの戦争屋の処理は終わっているから、あとは、日本の満州亡霊を引っ込めさせるだけ。

 2012年年末から続いた「自己陶酔」愛国バカが、ヒラリー一派とともに作り出した「安倍一強」はもうない。だから、葛西一派の目論みをどんどん整理する。

経団連は今の榊原ではなく、御手洗の時代にまで戻そうと言うことでしょう。当然、これに伴って、自民党では、内紛が起きる。

 それを、国民と自民党自身に教えたのが、今回の都民ファーストの得票です。

これは、これまでの、日本のウルトラ・スーパーセレブたちの利権を守って、「満州亡霊」を払拭するだけで、本格的な社会の構造変革には成らない。

 小池百合子が都知事選で、「緑」と選んだのは、私こそ、マイケル・グリーンの継承者よ、との意味だったのかも知れません。

 2013年から始まったISISについて、その拠点だったイラクのモスルが奪回された。これは、ヒラリー・ソロスの戦争屋が完全に主導権を失ったこと。そして、新しい時代の幕開けは、今回のトランプ。プーチンとのニコニコの握手。

 これから、どうなるのか、見えません。デンデンはもう惰性・慣性のゾンビでしょう。本人は8月に内閣改造といいますが、それでは、来年11月末の総選挙ではもう勝てない。

 「・・・ファースト」をつくって、野党や無所属会派を集めて、いつでも、自民党と連携できるようにする。これが、財界とセレブたちが考えるやり方でしょうが、彼らは、今の99%以上の国民の生活、国民の心を、全く考えてはいない。 今の自分たちの優位性を守るために、新しい政治的枠組み必要だと言っているだけのこと。

 日本にはまだまだ原発マフィアが残り、アメリカに対するATM機能であることには変わりが無い。

ここを突破するにはどうするか? まずは情報公開と生存の確保。

本来なら、日本の統治体自体に、イノチの次元からの連携が、列島中で必要です。これには、マネーをかけずに、共通のイノチの現場を育てるという意識と行動が不可欠です。このとき、ベースになるのは、イノチの共有感と運命共同意識で有り、現実に安心できる生存実感です。これは、企業社会に依存する労組や、頭の観念で結ばれる宗教団体が生み出すものとは、全く次元が違うものだと言うことです。彼らは、どちらもこれまでの社会構造で既得権をもち、マネーの獲得を目指して組織化しているのですが、そうではなく、生存のための、イノチ溢れる空間つくりに、今は、乗り出す時なのです。

  連携の核となる、理念と、政治目標を、どこに置くべきでしょうか?

生存の保証、子育て・高等教育に、マネーを必要としない社会にする。を作るべきか? 




・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

いい意味で仕事が増えてきている。

ので、少し更新を減らそうかな・・・


あと加速度的になにか変化している。


日本への核攻撃・原発事故でなく、もう少しマシでもいい意味でのショックになれば・・

大難を小難に・・・

そう願いたいものです。

追記

少し暇なので

リニアの飯田駅。どうも、地権者の問題でややこしいらしい。

それもあってか、東海道新幹線が「360キロ運転」に舵を切った。

リニアの神さんは民主党時代に政府から少し避けられていたそうだ。

さらにイスラム国=ISIS団の件で、日本もトヨタはじめ多くの力を注ごうとしたが反対。

「原爆で臓器売買の非道しているのに、これ以上やったら国家の綱紀・モラルが完全に崩壊して日本は終わるぞ!」と強く反対したが、それを振り切ってヒラリークリントンと組んで、ISIS団を作った明治朝日本帝国。
臓器売買と核開発と戦争屋商売だろう。
最後の最低限のモラルを守るつもりだった「リニアの神さん」が亡くなって、そのモラル・筋が全部キレたのが、今の「日本下衆国」

で、北海道の「中国資本による土地買収」は、日本帝国は目をつぶっている。

中国の「銭の亡者」を引き込んで、方向転換しつつ、「吸血鬼国家=明治朝日本帝国=東ボコハラム」の継続を、どうも今の日本の指導層は狙っている。

一応安倍首相が北欧からの帰国後に「生活を守る」と方向転換したようだが・・。

参考 神戸だいすき のコメント欄 より

上記文抜粋
・・・・・・
33. 神戸だいすき 2017年07月13日 00:32

・・・・中略・・・・


欧州から戻って、福岡で、天皇陛下のまねをしていましたよ。

あれで、また、騙される。

けど、口約束だけだからすぐばれるかな

・・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり

{いくら君子の真似をしても、元来の下種は丸出しのままですよね・・。}

が、「もう耐えきれない」と前川さんが「臓器売買・いじめ自殺により中高生の臓器回収」から足を洗うために叛旗を翻したわけだ。

そもそも「俺だけ自分だけ儲ければ勝てばいい」ていう人たちの支持とそういう人たちで作られた政権・政府が、急に

「他人とともに楽しむのはその楽しみも長いが、自分一人で楽しむのは長く続かずなくなるものだ 」
と言っても、無理な話し。

詰め込み教育が「ゆとり・考える教育」に変えようとしても、人材・システム・社会の意識がかわらんので、ダメなった例があるが、それ以上に正反対のことをするのですが・・無理ですは・・。

それともお仲間の「銭の亡者」を切り捨てれるの?まあ籠池さん切ったし、加計さんや菅官房長官に萩生田さんに稲田さんに麻生さんや今井秘書官とか斬れたら見込みが残っているかもね~。

お読みくださりありがとうございます。

拍手[4回]

PR