忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[7892]  [7891]  [7890]  [7889]  [7888]  [7887]  [7886]  [7885]  [7884]  [7883]  [7882
<<09 * 10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  11>>
京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・・
化粧のために、宗主国の国防大臣を待たせたら、そりゃぁ首だろ。檄文も出回っていたし。

1)北は27日、ミサイルを発射しなかった。

  蓮舫が、民進党の党首を辞任。

 この報道のあとに、

 稲田大臣が、辞任の意向表明。 

 あわれ、惨め、時代遅れ、勉強不足の「愛国」陣営。 あなたたちを動かしていたのは、

  満州亡霊と、アメリカの戦争屋と、 中央集権の利権にとりつく拝金主義。

  人類の知性の成長の方向が、まるで分からないままの未熟さでしたね。

 しかも、

  現実の国際政治の現場に、まったく、リアリティーが感じ取れないままでした。

 戦後直後からの、北をつかった、日本・中国・韓国・イスラエル・アメリカの画策を、

  自分の手で主導できると、勝っ手に思い上がっていましたね。(マイケル・グリーンがヨイショした?)

 戦後の東アジアに、この仕組みを作らせた大元の人間がいることを、 

 デンデンや日本会議はもちろん、官僚も経団連幹部(葛西、今井ら)は、全然、見えていなかった。

 いま、そこが、方向転換しているのです。

 明治維新だって、如何にして岩崎(三菱)がのし上がったのか、三井・住友はつぶさに視ていたでしょうし、近衛(不比等の末裔)や、金井(イカヅチ)は、激変する世界構造をよく知っていました。

 それにしても、

 総理になった野田佳彦に代表される松下政経塾の面々は、この浅知恵「愛国」陣営の補完・補助でしかなかった。それもFRBとアメリカからの国家操縦の手の中で踊らされただけ。日本の原発政策の背景に突っ込まなかったし、安倍を再登場させる道を開いたのは野田本人だった。ここの総括が全くなかったのですから。

「国家のカネ」の使い方を問題視しながら、特別会計や特殊資金・理財局の管轄資産には何も触れなかった。学校運営では、加計学園が、なぜ、あんなに急に成長したのか、させたのか?

 戦後日本の暴力装置の本当の主は、一体、誰だったのか? 単純に、アメリカ戦争屋だけじゃない。

 それよりも、未確認ではありますが、自衛隊内では、同胞が送られた南スーダンでの惨状に憤り、

 「この大臣の下では、日本が壊され、自分たちは殺される」と、檄文まで出ていた、

  との情報もあります。(実は未然につぶされたが、XXX騒動 もあったとか)

2) アメリカからは、昨年9月にヒラリー(本人)が死んだ後には、

「すでに集団的自衛権で自衛隊を世界中に派遣できるようになったので、憲法を変える必要はない」、との方針が示されたのに、

 安倍の背後には、どうしても、自分たちがフリーハンドで、この日本国の、優秀で、もっとも練度の高い暴力装置を、世界中で動かしたい、という人間が、存在し続けた。

 彼らは、明治にできた中央集権国家という暴力装置を、戦後のアメリカの指揮下ではなく、自分の意志で動かしたがった。

 そのために、「お花畑」の国民を、「天皇」というお題目が張られた、機動ソフトにそって動く、ロボットのごとく、全く無思考の人間につくり変え、

 しかも、経済的・軍事的にプレゼンスを増す中国に対し、あらゆる手段を使って、圧倒的な優勢性を確立した上で、アメリカまでも、そのフリーハンドのなかで、従わせる。

 こんなことを、夢想していたのかもね。

 頭が完全にアニメの世界だから、すぐ目の前にいる人間には、自分と通じる人間だけには、国家の利権から地位とマネーを取り出して分け与え、それ以外のもには、目くらましの芳香剤と、嫌がらせで行動を縛り、黙らせる。

 そのために、政権奪回のときから、ヘッドのいなくなった宗教団体の組織を丸抱えして、それを、国家権力を握ってからあとは、諜報のための私兵にしてしまった。 

 宗教団体の熱心な信者は、上位者からは、よろこんで洗脳されたがる。

 「これは、神からの司令だ」「やり遂げれば、天国に行ける」といえば、何でもしてしまうのでは。

 こうした、未熟でお粗末な知性から脱するために、人類は宗教改革以来、500年の闘争を経て、ようやく、人類個々人の「個人の尊厳」という意識を見つけ出し、それが、人類の未来を創り出す、基盤であるとしたのに、

 「愛国」陣営は、それを、天皇からの恩寵と考え、そこで、留まってしまった。

 これは、日本での最高知性を形成した東大の法学部と医学部の人間にも、この思想的「枠」がはめられ、彼らよりも、点数の取れない下々の国民は、自分たちの地位と待遇を確立するための道具になってしまった。

 天地自然の真理や、現象面での真実、自然科学の法則よりも、自分たちが決めた制度での利権を最優先させた。

 政治家を創るのが目的だった松下政経塾は、本来なら、ここを、徹底的に研究し、

それを時代に合わせて、列島内の個人の能力(創造性と責任感)を引き出す体制を、如何に構築するか、に精一杯の研鑽を毎日、すべきだったが、

 彼らは、あくまでも、この体制での、奉仕者の視点から脱出できなかった。

 全てが茶番であるが、具体的には、特別会計に切り込んだもののみが、本当の変革者だった。

3) ただ、明治維新で、人類に誇れる成果がある。

 世界で初めて、国民皆教育を始めたのは、日本国だ。そのモデルは、実は、古代中国にあった。

統治体の内側にいる人間に身分の差を無くして、教育を普及させる。その大切さを自覚し、徹底した先駆者は、

 あの金印で有名な、後漢の光武帝・劉秀。

 中国ではその前の前漢時代に、地上の人類の運命をも統括する、大宇宙のコントローラー「太一」を、皇帝である、武帝(劉徹)個人の独占物とする教義が、董仲舒によって確立し、皇帝の権限がさらに強化され、中央集権が進んだ。

 同じ時代、こうした動きとは無縁だったのが淮南地域で、ここには、皇族の淮南王劉安がいて、三千人の食客を抱えながら、天地と国家と、自分個人の心と生活のあり方、を縦横に話させた。

 それをまとめた書物が『淮南子』。この中では、国家や権力者とのつきあい方、距離の置き方をおしえながら、この三次元での現実世界に、如何に、自分の精神と生活を確立していくか、を述べている。

 その中で、老子が見つけ出した「道(タオ)」が宇宙摂理と意識され、それを、個々人が常に意識して、日々、自律しながら生計を立てることで、自分の突き進む「道(生き様)」が極まるとした。

時々の権力に対して、「明哲保身」の姿勢を保ちながら、どんな時代(権力構造)になっても、それに依存しない(あてにしない)で、揺るがぬ「自分の世界」を持ち続けると。

 光武帝もこれを読んでいただろうし、不比等が記紀を書くにも、この書物は読まれていただろう。

近衛や金井の継承者は、日本列島では「大宝律令」が国家体制を創り出したことを知っていて、千百年後の幕末・維新で、列島の全ての人間が近代国家形成のために、一つになる物語を再構築した。

 列島での無文字時代から人間の歩みと、国家(’天皇)の歴史を一致させる皇国史観もとに小冊子をつくり、新政府はまず最初に、これを全国の有為な人士に配った。これは日本国家のアイデンティテイーつくりだった。

 それで、この列島には、「天皇を中心にした『神の国』」と言う国家観ができた。

 本当の愛国者なら、戦後は、アメリカに完全に取り込まれたこの統治体を、アメリカから物理的に脱出するか、それができないとするのなら、移民の国アメリカをも納得させる、日本発の国家観、さらに、普遍的な統治原理を、導きだそうというのが、本来の知性のはずだ。

 これを怠ってきたのが、列島内では最大の権力集団である、東大(法学部、医学部)と、日本の神社を束ねる神社本庁だ。

 彼らには、知識も見識も十分、あるはずだが、それをどう生かしたらいいかと考える理性の段階で、まず、天地自然と、日本の国家権力の関係が、きちんと理解できない。

 だから、人類活動がグローバル時代になった今でも、自分の「権威」と一体となった国家権力を、アメリカの戦争屋のチカラか、皇国史観の暴力装置しか、思い浮かばない。

 頭脳明晰であるはずの自分自身の、この知的停滞を突破する(慰める、わりきらせる)ものが、目先のカネ、現世利益。つまり、国家のカネ。地位のカネ。放射能事故・汚染の拡散、自然環境の汚染、貧困の増加は、二の次三の次。

 だから、株主利益の最大化を言う、新自由主義グリーバリズムにすぐに侵された。デンデンの信認を得た竹中平蔵氏に、何も反論できなかったのだ。

4)まあ、ともかくも、安倍政権の「媛」は消える。 日本会議の面々の、精神の彷徨が始まる。

では、新自由主義の旗手は、どうなる? これが、経団連と一致だが、

 経済は、何のためにある? それを国家権力とはどう関わるのか?

 「311」以来、どんどん人が死んでいるぞ。 自殺者が増えているぞ。

 人よりも、株主の利益を、最優先してきのだから当然の結果か。

 経済成長の前に、国民の生存があるでしょ。 

 身分・資格に、マネーを配るのではなく、豊かさを生む、現場の実体を創らせるために、国家権力(暴力装置)を、どう使うか、これを、国民みんなで話すことでしょ。北に、ミサイル飛ばさせている場合じゃないでしょ。



・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


光武帝と建武二十八宿伝 ・42.奴婢の解放と人権宣言 より

上記文抜粋
・・・・・・・・

人の貴さは天の定め、法は万人に平等なり
 劉秀が統一後に目指した世界とはどんなものだったか。
 その姿は統一前から少しずつ政策に現れていた。まずは奴婢の解放令である。
 建武二年(西暦26年)五月。嫁に出した娘、売られた子どもで親元に帰りたい者は、すべてその願い通りとし、それを拒否する者は法律によって処罰する。
 建武六年(西暦30年)十一月。王莽の時代の下級役人で罪に問われて奴婢となった者で、漢の時代の法律によるものでないものは免じて庶人とする。
 建武七年(西暦31年)。下級役人で飢饉や戦乱に遭ったもの、青州、徐州で賊によりさらわれて奴婢や妻とされた者、去りたい者も残りたい者、自由にすべてその願い通りとし、それを拒否する者には売人法を適用する。
 建武十二年(西暦36年)三月。隴や蜀でさらわれて奴婢とされた者で、自ら訴え出たもの、判決が出ていない者(及獄官未報)とすべて庶人とする。
 建武十三年(西暦37年)十二月。益州で建武八年以降にさらわれて奴婢となった者は庶人とする。また身を売って他人の妻となったもので去りたいものはすべてこれを聞き入れよ。敢えて引き留める者は、青州、徐州同様に略人法を適用する。
 建武十四年(西暦38年)十二月。益州、涼州で建武八年以降に申告した奴婢は、裁判なしで庶人とし、売った者は代金を返さなくてよいとした。奴婢の多くは、夫が妻子を売るケースが多いのだが、そのとき夫は代金を返さなくても妻子を取り戻せるということである。
 何度も出しているのは、効果がないからではなく、新しく敵地を平定するたびに解放令を出しているためである。あくまでもそのときの解放令であるから、自国領でしか無意味だからである。
 また文面に出てくる売人法と略人法は、劉秀の時代に創設された法律であるとされる。売人法は人を売ることの罪を決めた法律であり、略人法とは人をさらったときの罪を決めた法律である。
 この時代の民間の奴婢の多くは、貧乏であるために妻や子を売るケースと、戦争で女や子どもを略奪してそのまま妻や奴婢にするケースである。そこで劉秀は、人身売買についての「売人法」を制定し、人さらいについての「略人法」を制定した。二つの奴婢の成立状況を狙い打ちにした法律を制定したのである。
 さらに劉秀は歴史的にも驚くべき宣言を行う。
 
 建武十一年春二月己卯(西暦35年3月6日)
「この天の地の性質として、人であるから貴いのである。故に殺したのが奴隷でもその罪を減らすことはできない。(天地之性人為貴。其殺奴婢,不得減罪。)」
 
 という詔書を発行し、法律の改革を進めた。人が貴い存在であることは、天地、すなわちこの宇宙自体が持つ自然の性質、言うなれば重力のように誰にも変えられない天与のものとし、貴さの起源が人間存在にある以上、貴族も良民も奴婢も貴さは同じであり、同じ刑法が適用されるのだ、というのである。現代の人権天賦説に近いものと言えよう。この言葉は中国における人権宣言として、アメリカの独立宣言にある「人はみな平等に造られている(All men are created equal.)」に相当するものとして注目されている。

・・・中略・・・・・・

 人身売買の禁止は既に王莽が一度挑戦し、混乱の中で挫折し、法令を撤回している。このときの王莽の人身売買禁止の詔から当時の状況が推察できる。王莽は、秦王朝は人間を牛馬と同じように平然と市場で売買する無道な政府であったと非難し、奴婢を私属と名称を変えて売買を禁止すると宣言しているのである。
 このことは秦では人身売買は完全に合法であったこと、前漢でも人身売買が行われていたこと、しかし秦を無道と非難し、前漢について述べないことから、前漢では人身売買は禁止されていたが、武帝以降の貧富の差の拡大と共に、法律が有名無実となり、半ば公然と売買されるようになったと考えられるのだ。

 劉秀はここで再度法律を引き締め、法律の厳密な運用を行った。
 その結果、後漢の奴婢は戦争捕虜や犯罪者として官奴婢になったものと、それが民間に下げ渡されたもののみとなったのである。奴婢の多くは功績を立てた家臣への賞与として、あるいは公官庁に働く役人のために支給されるものが多かったようだ。宮崎市定は奴婢は終身懲役刑であるとしているが、まさに正しい理解である。
 後漢王朝では奴婢の売買に関する記録が残っていない。後漢の戸籍には奴婢の値段が書かれるが、これはもちろん購入価格ではなく、資産税のための公定価格が記入されているに過ぎず、人身売買の存在を示すものではない。
 奴婢の人権を宣言した翌年、後漢の著名な学者鄭興が密かに奴婢を買ったことが発覚して処罰されたと記録される。朱暉伝には、南陽太守阮況が郡の役人である朱暉から婢を買おうとして拒絶される話がある。これらも公的に売買が禁止されていたとすれば理解しやすい。
 後漢では人身売買の代わりに庸という、賃金労働が広まっていた。貧しくなると身を売るのではなく、平民のまま他の家の労働をするようになったのである。より穏当な経済体制になっていたことがわかる。
 それでもなお困窮した者は、戸籍を捨てて流民になった。商人、手工業、芸人などで暮らすようになったのである。後漢は、前漢に比べても顕著に流民の記録が多い。ところがそれが赤眉の乱のような反乱に至るものは多くなかった。生産力が大幅に向上していた後漢では、農業をしなくてもある程度食べていくことができたとわかる。後漢の時代、朝廷からは数年の一度のペースで流民に対して戸籍登録と農地の提供を呼びかけているが、いっこうに流民は減る様子がなかった。郷里に帰らず今いる現地で良いとし、土地も用意すると譲歩しても、流民たちは農民に戻ろうとしなかった。彼らは農地を失ったというより積極的に農地を捨てた、農民でない新しい階層の人々とわかる。当時書かれた『潜夫論』にも農業より儲かるから農地を捨てる人が多かったことが書かれている。
 後漢では奴婢の売買は禁止されたし、また売買の必要性もなかったのである。


・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

ちょっと話はかわるが、「近代は古代のやり直し」的なものと言われる。

ので、西欧近代は、どうも奴隷を求めているように思う。

賃金労働の奴隷化の際たるものが、ネオコン経済だったわけで。


結局、それほど古代・中世とか西欧式に分けて、そういう風に持っていくべき・って考えを止めた方がいいと思う。

話はこの話はこれで休話閑題。


先の続きの抜粋

・・・・・・・・

 
リンカーンの奴隷解放と劉秀の奴婢解放の違い
 劉秀の奴婢解放はしばしばアメリカ大統領リンカーンの奴隷解放と比較される。そして時代の古さから、劉秀の奴婢解放はリンカーンの奴隷解放と違い政治的なものとされる。しかし真相は真逆である。
 リンカーンの奴隷解放は明確な政治的な目的によるものである。リンカーン自身は確かに奴隷制反対の立場であったが、あくまでも国家の統一を優先し、南部が合衆国に戻るなら奴隷解放はしなくてもよいと考え、その意思を何度も南部に伝達していた。
 それが変更されたのは外交の問題である。南北戦争が長引くと、経済も人口も劣勢な南部が善戦していることに対して諸外国から同情が集まり始めていた。イギリス、フランスなどのヨーロッパ諸国が介入する気勢を見せていたのである。
 それを封じるための政治戦略が奴隷解放であった。南北戦争を正義の戦争であると定義し、南部を奴隷制を持つ道義的に劣った存在とすることで、イギリス、フランスに南部を援助させないようにしたのである。これが功を奏し、イギリス、フランスともに南部を支持することなく、リンカーンは南北戦争を終結させることに成功したのである。
 それに対して劉秀の場合はどうか。当時の状況を見てみよう。
 新末の農民反乱の猛威に、豪族は自衛のために独立勢力となって、地方を割拠し、天下は分裂する。劉秀の統一に抵抗した政権のほとんどが豪族連合政権であった。特に蜀の公孫述政権、隴西の隗囂ともに典型的な豪族政権であった。
 蜀と隴西は戦乱の少ない新天地であり、中原の大混乱を避けたたくさんの避難民が流れ込んでいた。着の身着のままの難民は資産もなく土地もない。新しい土地で地元の豪族に奴婢として使役される身分に甘んじざるを得ない。公孫述と隗囂の政権では、無数の奴婢が使役されていた。
 ところが劉秀政権は奴婢の解放を早々と宣言し、その待遇改善を実行していた。公孫述、隗囂から見れば、兵員の八割以上が銅馬、赤眉、緑林の三大農民反乱軍から構成され、奴婢の解放と保護を宣言し、馬武、臧宮、王常といった緑林の将軍まで現役で活躍している劉秀政権は、農民軍政権そのものとしか映らなかったであろう。
 公孫述と隗囂の政権にとって劉秀に降伏するということは、その財産を大量に没収されることを意味していた。そのため公孫述も隗囂も劉秀の六分の一にすら満たない勢力であるのに、徹底抗戦を展開し、全滅するまで戦い続けたのである。劉秀の奴婢解放は統一戦争の妨げになっていたことがわかる。
 しかも当時の中国には道義的な理由で介入するような外国は存在しない。劉秀の奴婢解放は、実際の政治政策としては死傷者を増やす誤った政治戦略であったことがわかる。リンカーンの奴隷解放とはすべての意味で真逆なのである。
 もし奴婢解放をするのなら、天下統一後にすればこうした抵抗はなかったはずである。ではなぜ劉秀は皇帝に即位するとすぐに奴婢の解放を始めたのか。それは劉秀の政権の兵力のほとんどを銅馬、赤眉、緑林の三大農民反乱軍が占めているということにある。
 飢饉のために飢えに苦しんだ農民には、二つの選択肢があった。土地を捨てて流浪し農民反乱軍に加わるか、豪族に身売りして奴婢に転落するかである。このとき反乱軍に加わるのは壮年の男子が多く、女子供は豪族に売られることが多かった。劉秀の率いる兵士たちの妻子は、豪族に買い取られて奴婢に転落している者が多かったのだ。
 劉秀は常に自ら先頭に立って戦い、直接に兵士を率いていたから、当然、彼らの悲しみや悲劇を良く知っていた。夜な夜な妻子を想って涙する兵士がいることを。劉秀は自分の兵士たちの、家族に再会したい、家族とともに暮らしたいという願いを叶えるために、奴婢の解放に踏み切ったということなのである。
 劉秀自身、皇帝に即位してそれから洛陽を陥落させてやっと、妻の陰麗華、姉の劉黄、妹の劉伯姫と再会できた。家族との再会の喜びを自分だけが味わうことは許されないと考えたのであろう。そのため劉秀は皇帝に即位するとすぐに奴婢の解放を始めたのである。
 

・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


>ところが劉秀政権は奴婢の解放を早々と宣言し、その待遇改善を実行していた。公孫述、隗囂から見れば、兵員の八割以上が銅馬、赤眉、緑林の三大農民反乱軍から構成され、奴婢の解放と保護を宣言し、馬武、臧宮、王常といった緑林の将軍まで現役で活躍している劉秀政権は、農民軍政権そのものとしか映らなかったであろう。

これって、元ニートや引きこもりや元犯罪者・元精神疾患者とか精神障碍者・身体障碍者が、セレブや社会の指導者や官僚集団のトップになるようなモノで、今のセレブ様や日本の支配層には許されないだろうな。
でも、そのような小心の阿呆だから、原発が6機も爆発して、アメリカ様の妾以下の奴隷の植民地なのだよな。


>飢饉のために飢えに苦しんだ農民には、二つの選択肢があった。土地を捨てて流浪し農民反乱軍に加わるか、豪族に身売りして奴婢に転落するかである。このとき反乱軍に加わるのは壮年の男子が多く、女子供は豪族に売られることが多かった。劉秀の率いる兵士たちの妻子は、豪族に買い取られて奴婢に転落している者が多かったのだ。

今の自爆テロや若者でネトウヨに走る人と同じ構図に思える。

この「困窮して、犯罪者か奴隷か」に追い詰めて、人間を奴隷化・畜生化する。


そのような肝が小さい根性が腐ったのが、ネオコン経済で、明治以降の日本の

参考
>歴史的には、このような勝ち目の無い戦で臣下の生命を徒に使い潰す君主は「愚昧」「暴君」とされるはずなのだが、何故か日本では「御聖断によって戦争を終わらせた名君」として評価され、軍部の戦争指導と責任についても「解体された」ことでウヤムヤにされてしまった。その結果、今日に至るまで日本の学校(特に部活動)や企業では、生命や人権を軽視する(全く考慮しないと言っても良い)教育や文化がまかり通っている。
明治以降、3千万人の人口が4倍になったことと、明治体制下で全てが天皇の私物とされてしまったことが、大きく影響しているものと思われる。そして、明治体制を否定せぬまま、敗戦によって形式的にデモクラシーが導入された結果、非人道的な弊害が見えない形で温存されてしまったのだろう。

という非人道的な思想・社会であるといい得る。

それなのに

> 劉秀は常に自ら先頭に立って戦い、直接に兵士を率いていたから、当然、彼らの悲しみや悲劇を良く知っていた。夜な夜な妻子を想って涙する兵士がいることを。劉秀は自分の兵士たちの、家族に再会したい、家族とともに暮らしたいという願いを叶えるために、奴婢の解放に踏み切ったということなのである。
> 劉秀自身、皇帝に即位してそれから洛陽を陥落させてやっと、妻の陰麗華、姉の劉黄、妹の劉伯姫と再会できた。家族との再会の喜びを自分だけが味わうことは許されないと考えたのであろう。そのため劉秀は皇帝に即位するとすぐに奴婢の解放を始めたのである。

というような人が出てこない・つぶされる、「天皇陛下万歳」の日本は早く無くなるべきですは。

明治維新からの「大日本帝国」とは
「天皇と「臣民」という名前の「奴隷」の、まさに「古代の焼き直しの近代帝国それも東洋的でなく、西欧的なもの」
であり、まさに、日本の、人類の、異物で癌なのです。


> 本当の愛国者なら、戦後は、アメリカに完全に取り込まれたこの統治体を、アメリカから物理的に脱出するか、それができないとするのなら、移民の国アメリカをも納得させる、日本発の国家観、さらに、普遍的な統治原理を、導きだそうというのが、本来の知性のはずだ。

私もそう思う。

特に、

>日本発の国家観、さらに、普遍的な統治原理を、導きだそうというのが、本来の知性のはずだ。

近代の超克とか「日本独自」とか言いながら、耶蘇や天皇真理教の呪縛に縛られているのすら気が付ない阿呆ども。


>経済成長の前に、国民の生存があるでしょ。 

>この天の地の性質として、人であるから貴いのである。



お読みくださりありがとうございます。

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved