忍者ブログ

渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

たぶん、日韓併合に走った韓国人官僚・知識人は復讐のつもりだった。

ふと思ったのが、日本人よりも遥かに「論理重視{火病ラインにあたるとそれも吹っ飛ぶが}」の朝鮮半島の儒者・官僚が、なぜに「日韓併合に是としたか」が少し疑問だった。

今では「文明的に少し劣る日本帝国に膝を屈するなど」てことらしいが・・。

李氏朝鮮 仁祖 ウイキ

仁祖は、清朝に屈辱的な和平を結ばされた。

挙句に50万人の人民を拉致されている。このときに宮女の多くも拉致されたらしい。

元に襲われて宮女を拉致されたことと並ぶ韓国の悲劇だったようで。


その後も、「北伐」と称した復讐戦を目論んでいたとか。


となると、近代では、明治天皇は「明朝の血を引いている」とかいう説もあったりとか。

また、明の遺臣の子孫のテコ入れで起きたとも言われる明治維新。

で反清派は、「あの時の恨みを、晴らせ!それに清よりも、明の方が中華の本道で、明の方がマシだった。その子孫の国なら、まだマシだ」と日韓併合に走った・・。と思える。


ちょうど、明治維新が、志士たちの多くが、能力だけのごろつきばかりなのに、関ヶ原の恨みを晴らすために、あえて黙認したという面もあったと思う。


なんとなく思ったこと。


それだけに、朝鮮半島の庶民・人士は「裏切られた!」と感じたように思える。

まあ、裏切られたのは、朝鮮半島の人たちだけでなく、大多数の日本の庶民も同じである。

戦争ばかりして、挙句にアメリカの準植民地・・。

お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR