忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

そんなことです。まあいち早く気がついて生き延びましょうね・・・。

京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・
Urgent Messages from Murata-San 「最強権力の最大の敵は、倫理・道徳です。日本は老子の「天網」の正しさを立証しました。」村田光平。
村田先生からのメールを転載します。7月2日の都議会選挙で、流れが変わリ出したとみておられます。

まず、これです。IOCのバッハ会長宛の書簡です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 Dear President Thomas Bach,


Please allow me to transmit this extremely alarming mail that may interest you.
It has been sent to me from an American friend.
The widening gap beteen the promoters and the opponents of the of the Tokyo Olympic Games could not be left unattended.

With highest regards,
Mitsuhei Murata


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここで、以下の米国人のレポートを紹介しています。

https://www.ecowatch.com/tokyo-olympics-fukushima-2460798164.html?
utm_source=EcoWatch+List&utm_campaign=e61916ad29-
EMAIL_CAMPAIGN&utm_medium=email&utm_term=0_49c7d43dc9-e61916ad29-85979265
これを村田氏は各国友人に送り、その返事を紹介しているのが、以下の通りです。

--------------------------------------------------------------------------------------

皆様

ご報告したBach IOC会長宛メッセージに対する海外の識者からの反響例は下記の通りです。

”Thank you so much for this article. It describes a crime of horrendous dimension.
Thanks for making it public!”

”Your letter to IOC Prez Bach is very pertinent. Forwarding him the report from Truthout on Mr Gunderson's  current analysis of the state of Affairs in Japan and the followup of the Fukushima disaster is highly important.

A call to cancel or postpone the 2020 Olympics in Tokyo becomes more urgent and deserves international attention including perhaps the voice of IPPNW. "

" It would be marvelous if authorities would admit that the Fukushima Problem is not solved and is a very serious problem!

Moving people back and hosting the Olympics is sheer madness.
I would say criminal.

Best wishes to you and yours. "

 ”Your recent messages are posted here:
http://www.opensourcetruth.com/urgent-messages-from-murata-san/ ”

 村田光平
(元駐スイス大使)

追伸

「この国のあり方が権力者の傲慢さによって揺さぶられ、倫理的に転落の危機に直面している」(柳田国男)。


最強の権力の最大の敵は倫理・道徳です。

老子の「天網」の正しさを日本は立証しました。

いま、『老子』は、ハーバード大学でも人気があり、

世界からも注目されている書物と言われるのも むべなるかなです。


「天網」を支える天地の摂理は日本に希望を与えてくれます。


・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

おまけに孟子の一節も


http://sorai.s502.xrea.com/website/mencius/mencius02-08.html

上記文抜粋
・・・・・・・

斉の宣王が質問した。

斉宣王「殷の湯王が夏の桀王を追放し、周の武王が殷の紂王を討伐したというのは、本当にあったことなんですか?」

孟子「本当にあったと伝えられています。」

斉宣王「武王はももともと紂王の家臣でした。臣がその君主を殺してもよいのですか?」

孟子
「仁をだめにする者、この者を名付けて「賊」。
義をだめにする者、この者を名付けて「残」。

残賊の者は、ただの一人の男です。

紂とかいうただの一人の男を武王が誅殺した
とは聞いていますが、臣が君主を殺したとは聞いていません。」

・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

人を殺し、道理を踏みにじり、政治を使って市民の惨殺を繰り返す犯罪者は、総理でも王でも天皇でもない。
ただの殺人鬼で、さっさと逮捕拘禁か即死刑である。

京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・
今頃、自民も野党も明日(デンデン国会)のことばかり。人類の大きな流れ(サピエンス全史)を視ないと。
 本日は、市ヶ谷で、皆神塾です。

人類世界の主流が、切り替わったこと。

それが、日本にどう出てくるか? これが、これから、出てきます。

昨年来、世界的に話題の本に、『サピエンス全史』があります。

 物語性を解説するのに、「共同主観」と言う言葉が使われます。

 かつて、吉本隆明は、日本社会を、「共同幻想」と言いましたが、

 実は人類の歴史は、誰かが思い込んだ「主観」を、「共同」にすることによって成り立ってきました。

 しかし、今、現実に私たちの前に訪れている(現れている)のは、この「共同主観」の勝者による、

 詐欺・虚偽・破壊・絶望・操作された希望の果てに生み出され、積み重ねられてきた、絶対的事実です。そこでも、まだ、「共同主観」が根強く、人間の意識のなかに、こびりつきながらはびこっています。それが、国家権力とマネー、さらに、「神」という概念です。

 マネーが、共同主観によって生まれたものであるのに対し、

 放射能は、人間の脳内の作用である、主観ではなく、絶対的事実です。

これは、

 イエス・キリスト や 釈迦牟尼「ブッダ」 が、信仰対象として、共同主観によって作り出され、

 イエス・インマヌエル や ゴータマ・シッタルダ が、実在の人間であったことと、と同じです。

そして、イエスの「磔刑」からの2000年間を 魚座の時代といい、信仰や宗教が、人類を引っ張りました。

 それに対し、2012年年末から始まった時代を、なぜ、水瓶座の時代というのか?

これは、法王フランシスコが、「十字架に神はいない」と言った言葉に、よく表されます。

フランシスコは2年前、NYで、「私たちが蒔いた種を生長させるチカラが神である」と言いました。

ここから、世界人類の一体化が、現実に始まったのです。

それに対し、日本の場合、国家神道で信仰対象となる、皇祖神アマテラスは、上記のどちらなのでしょう?

そもそも、国家とは、異なる部族(個々に独自文化をもつ)を、一つにまとめるとき(「大きな家」つくり)に 生まれていますが、その起源は、巨大河川での

 大規模の農業生産です。

「サピエンス全史」の著者は、農業こそ、「史上最大の詐欺」と言っています。

農業がどうやって誕生し、人間社会の生産と消費の関係に、何をもたらしたのか、を考えると、この認識になります。

 この認識があると、日本列島での縄文時代を、正確に理解できます。

私は、今、新幹線の中です。本日のレジメは、本欄に挙げていませんが、

ITが普及し、AIまで進行する地球時代に入った今、日本の変革(政変、意識改革、産業改革、地域振興、教育改革、医療改革など)は、

 すべて、魚座から、水瓶座への変換の中で、起きます。

こうした変化を、最もよく知るのは、これまでの意識の枠組み(「共同主観」)から離れて出ている人(「変わり者」、「老荘思想」、完全な自律・自立した人間) か、

それとも、これまでに、その「枠組み」を作り出し、政治力・経済力・メディアを総動員して、それを操作してきた人たち(簡単に言うと権力者)です。こっちは、イルミナティー、金融ワンワールドですね。

戦後、無謬性を誇った日本の官僚たちとは、実は、このどちらでもなく、ただ単に、島国で威張っていただけの人でしょう。基本的には、他者の知見を表面だけまねしたり、外国の知性の翻訳が得意で、何ら創造性を持たなかった人たちでした。森羅万象での真理に、きちんと向き合ってこなかった。

それゆえ、強い権力者がが出ると、すぐにヒラメになるしかないのに、経団連の社畜エリートを自分が指導すると息巻いていました。彼らが今の時代性を、きちんと掴んでいるかどうかは、きわめて疑わしい。

いや、分かっていても、これまでの、お受験での「優等生時代」が長すぎたのと、すでに得ている待遇を捨てられないため、新時代に対応した発想の芽がないために、その頭からは、「補助金配り」以外の施策が出てこないのでしょう。

 個々の役人の中から、自分自身の一生を掛けてやり遂げたい仕事がある、というものを除いて、一旦、全員解雇して、日本国内のみならず、全世界を、個人(もしくは二人組)で、貧乏旅行させた方が、いい時代を創れるのではないでしょうか? 

 そうすれば、まず、くだらない経費(人件費・引き継ぎの事務費)がいらなくなるし、やりかけの仕事を平気で途中で放り出す(引き継がせる)こともなくなるでしょう。

 その旅行のときには、絶対に国家から経費を出しちゃダメ。友人同窓親戚からカンパをもらえと突き放す。精一杯その場その場で、汗搔いて、出会う人との心に触れて助けてもらいながら、なんとか生き抜く、という現実の経験を積まないと、彼らは、未来を創れないのでは。

 ボンボンからは、お仲間を優先するデンデンしか生まれなかった。

 公務員志向の人間は、答えのある勉強は大好きなので、知識と見識だけなら、すぐに身につける。

 しかし、彼らに、もっとも足りないのは、胆識。

自己存在と自己の尊厳を賭けて、きわめて高い倫理観(生き様)に支えられた、現実対応という、使命感の表出。

私の中では、これまでの「共同主観」崩壊の後に、如何に、日本社会を立ち直おらせるか、のイメージ創りが始まっています。

 あとは、市ヶ谷で


・・・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり

多分、最後の戦争屋の巣の日本に手が入り始めた。

てか。

神々がうごいとーと より

ほんの一部なので許して・・・

上記文抜粋
・・・・・・・
憶えてるだろうか。
ことしの建国記念の日、2月11日。
極低気圧によって、天御中主神(北辰妙見尊星王)VS安倍日本の構図が明確に示されたのを。
いいかえれば、北斗VS安倍だ。

いま思えばあのころからなんだよね。
日報問題に、森友学園。
安倍政権の崩落がはじまったのは。

・・・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり

プーチンと天皇が、戦争屋に処断を始めた。。か。

お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR