忍者ブログ

渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

そもそも自民党はナチスです。それもかなり劣化したボロい・・・

弁財天 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
追い詰められてるはずなのにの人相がよくなる萩生田w update1


・・・・中略・・・・

公安調査庁は日本アイシス(イスラム国™)の安部川元伸(安倍晋三)とかやっておちょくっていた。


・・・・・中略・・・

なんと東電への警察庁の天下りデータが消されてる。
ありえねーw。
他の電力会社はじゃぶじゃぶなのに?w

・・・・中略・・・・

これが厄所のやり方ですな。組織に都合の良いようになんでも改ざんしてしまう。 単純にウソにウソを上塗りするやり方。 書類の信ぴょう性などあったものではない。 組織に都合の悪い書類などあるはずもないw。

これは決定的な写真だなぁ。萩生田がリークしたのかw。
いやいや加計の隣でよっぱらいのおっさんになったあべちんのつぶらな瞳がカメラ目線になってるのが気になるw。
自らエサになってワナを仕掛けて来るのを待つ。ワナにハマったフリをして、その後でワナであることを証明し一網打尽にする??w


「和泉補佐官からは農水省は了解しているのに文科省だけがおじけづいている、と言われた。官邸は絶対やると言っている」w
なんだそれ。文科省の職員は萩生田の背中の入れ墨を見ちゃったのかすら?

そーゆー意味では滋賀県大津市教委の教育長は腹が座ってたよなw
大津市立小学校でもいじめテロ。義務教育が終わり身の安全を確保した後にやっと告発できる大津市てどんなとこよ?
文科省はもっとヤクザと丁々発止できるよーにならないと生徒をボコハラムに獲られてしまう時代。


・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

弁財天さんは安倍政権=日本会議=現日本国を「やくざ」と呼んでいる。

でもそれでは、足りないのである。

ナチスである。本当に。


読めないニックネーム(再開版)ああ [記事番号 200] 日本国憲法より上の 労働教 条文集


 

ナチスなのですは、自民党は正真正銘の。それもかなり劣化した・・

ナチスなら、日本の労働者の通勤地獄は無くなってます。ナチスは、「通勤時間一時間以内」を実現したのだ。
さらに失業率を激減させた。

それ以下なのである。それを「わが党」と崇拝し支持する自民党支持者は、キチガイか売国奴か殺人鬼ですは。


当然常軌をいっした国会になる。

京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・
常軌を逸した国会に、「民心離れ」を察知。デンデン「言い訳」演説。でも、NHKも真実言うしかない。

昨夜(6月19日)のデンデンの演説  これをNHKは、こう伝えています。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 首相 みずからの姿勢反省 信頼回復に努める 

 6月19日 20時25分  
 安倍総理大臣は通常国会の閉会を受けて記者会見し、国家戦略特区での獣医学部新設をめぐって、国会答弁で強い口調で反論したみずからの姿勢を反省するとしたうえで、国民の不信を招いたことを認め、信頼回復に努める考えを示しました。一方、安倍総理大臣は獣医学部新設は時代の必要性に応える改革だとして、引き続き先頭に立って規制改革に取り組む考えを強調しました。

会見の冒頭、安倍総理大臣は学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる議論に関して、「この国会では『建設的議論』という言葉からは大きくかけ離れた批判の応酬に終始し、政策とは関係のない議論ばかりに多くの審議時間が割かれてしまった。国民の皆さまに大変申し訳なく感じている」と述べました。そして、「『印象操作』のような議論に対して、つい強い口調で反論してしまう。そうした私の姿勢が結果として政策論争以外の話を盛り上げてしまった。深く反省している」と述べました。

さらに、安倍総理大臣は、文部科学省や内閣府での関連文書の追加調査をめぐって、「最初に調査した段階では、それらの存在を確認できなかった。二転三転した形となり、長い時間がかかることとなった。国民の政府への不信を招いたことは率直に認めなければならない」と述べました。そのうえで、安倍総理大臣は「『信なくば立たず』だ。何か指摘があれば、そのつど真摯(しんし)に説明責任を果たしていく。国民から信頼が得られるように、冷静に、一つ一つ、丁寧に説明する努力を積み重ねていかなければならないという決意を新たにしている」と述べました。

一方、安倍総理大臣は国家戦略特区での獣医学部新設について、「獣医学部は、この50年以上、新設が全く認められてこなかった。しかし今、専門家の育成、公務員獣医師の確保は喫緊の課題であり、そうした時代のニーズに応える規制改革は、『行政をゆがめる』のではなく、『ゆがんだ行政を正す』ものだ」と述べました。そして安倍総理大臣は、「透明で公平公正なプロセスこそが、既得権でがんじがらめとなった岩盤規制を打ち破る大きな力となる。これが国家戦略特区だ。岩盤規制の改革には抵抗勢力が必ず存在するが、私は絶対に屈しない。今後とも先頭に立ち、ドリルのやいばとなってあらゆる岩盤規制を打ち破っていく決意だ」と述べました。

また、安倍総理大臣は、「共謀罪」の構成要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する法律の成立について、東京オリンピック・パラリンピックを3年後に控え、テロを未然に防止するため必要だと意義を強調しました。そのうえで、法律が来月中旬にも施行されることを踏まえ、これまでの議論を踏まえて、適正に運用していく考えを示しました。

一方、安倍総理大臣は、一億総活躍社会の実現に向けて、「その本丸は『あらゆる人にチャンスを創る』ことだ。これまでの画一的な発想にとらわれない『人づくり革命』を断行し、日本を『誰にでもチャンスがあふれる国』へと変えていく。そのエンジンとなる有識者会議を、この夏、立ち上げる。いわば『みんなにチャンス!構想会議』だ」と述べ、来月中に、人材投資への具体策を検討する新たな有識者会議の体制を整える考えを示しました。そのうえで、人づくり改革を推進するための担当大臣の設置を検討する考えを示しました。

また、安倍総理大臣は、来月ドイツで開かれるG20サミットについて、「主要国の首脳が集まるこの機会を活用して、積極的な首脳外交を展開したい。挑発をエスカレートさせる北朝鮮問題について、日米韓のがっちりとしたスクラムを確認したい。そして、来たるべき日中韓サミットの開催に向けて、準備を本格化していく」と述べました。

さらに、安倍総理大臣は、内閣改造と自民党の役員人事について、「アベノミクスの一層の強化、働き方改革、人づくり革命など、さまざまな重要政策において、大きな推進力を得るためには、人材を積極的に登用し、党においても、政府においても、しっかりとした体制をつくっていくことが必要だ。そうした観点も踏まえながら、党役員人事や内閣改造については、これからじっくりと考えていきたい」と述べました。

◎憲法改正 自民党案の中身検討を優先

安倍総理大臣は、憲法改正を発議し、国民投票を行う時期について、「自民党としての提案を、いまだ国会の憲法審査会に提出していない段階であり、現時点では、その後の発議などについて申し上げる段階ではない。そもそも衆参両院の3分の2を形成すること自体、そう簡単なことではない。まずは与野党を超えて建設的な議論が行える自民党提案となるよう、中身の検討を優先したい」と述べました。


◎米中連携は日本にもプラス

安倍総理大臣は、記者団がアメリカと中国が良好な関係を築いていることへの影響を質問したのに対し、「気候変動の問題など世界のさまざまな課題に、大国である米国、中国がともに取り組んでいかなければならず、米中の首脳どうしが信頼関係を築き、緊密に協力していくことは、世界にとっても、日本にとってもプラスであると考えている」と述べました。

そのうえで、安倍総理大臣は「北朝鮮問題への対応も日米韓で協力を進めるとともに、中国とも緊密に連携していく必要があり、北朝鮮の問題は世界的な脅威であるとの認識を同じくして、同じ方向に向かって進んでいくことが必要だと考えている。米中間においても、日中間においても、それぞれの関係を発展させていくことが、日米両国ともにプラスになっていくという認識で、今後対応していきたい」と述べました。


◎都議選 1人でも多くの当選目指す

安倍総理大臣は、今週23日に告示される東京都議会議員選挙について、「現在、東京都民が直面しているさまざまな地域の課題、東京独自のテーマが争点になると思う。自民党も東京都連が中心となり、都民に、地域に根づいた身近な政策をしっかりと訴え、1人でも多くの当選を目指していきたい」と述べました。

そのうえで、安倍総理大臣は「いかに暮らしやすく、安全で子育てしやすい、すばらしい環境になる東京をどう作るか。そして2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、どう都政を進めていくかということも議論になるだろう」と述べました。

・・・これに対し、民進 蓮舫代表「鈍感な姿勢全く理解できない」

民進党の蓮舫代表は19日夜、記者団に対し「『加計学園』という言葉がひと言もなかったが、世論調査を見ても疑惑の声は多いのに鈍感な姿勢は全く理解できない。今、問題になっているのは『規制を突破したら、その穴を通れるのは総理大臣のお友達だけだった』ということだ。

安倍総理大臣が『丁寧な説明』と言うのは、もはやあいさつにしか聞こえず、『丁寧な説明』は唯一、閉会中審査であり、開かないのであれば記者会見はうそではないかと思う」と述べました。

・・・・・・・・・・・・・・

デンデンは、まだまだ、辞める気持ちは毛頭無いようで、こんな演説で、自分がつきつづけてきたウソを、国民からごまかせるとでも思っているのでしょうか・・・。 信頼回復っていったって、今に到っても、経済に関しても、ごまかしばかりで、国民を舐めきっていますね。

構造改革を、「戦略特区で壊していく」という手法を、今後も続けると言いますが、自らの「お仲間」での、利権作り体質については、まったく、何の反省も考慮もない。

 国家構造のあり方を変えるのは、なにも「戦略特区のドリル」だけが手法ではないが、これが財界のみならず、官僚たちにも、なにも見えないのでしょう。

 国内事情で見れば、モリ・カケでどんどん核心的事実が出てくるので、さっさと共謀罪を通してしまった、ということ。

ただ、この共謀罪を、なぜ、いま、こんなに急いだのか? この背景はじっくり考える必要があります。もしかしたら、これは、安倍本人ではなく、日本の「統治体」そのものからの要請だったかも知れない。

 デンデンの政治家としての第一目標は、まずは、在任期間が小泉純一郎を上回ること。そして、次は、憲法改正で自衛隊をきちんと国軍に変えること。そして、人民中国を相手に、軍事的に強国であることを実際に示すこと。このために中国包囲網を作り上げる。そのとき、上手にアメリカをごまかしつづけ、北朝鮮の脅威を育てて、自国軍隊の強化のためにマッチポンプにつかい、しかも、中国を消耗させること。

 これらを実現するために、放射能をアンダーコントロールと言い続け、首都圏の地価を守り、名目上の経済、株式や、雇用の数字を守ること。

さて、これをデンデンの当初の思惑を踏まえた上で、今回の「言い訳」演説をよく見ると、そこに、一つの「諦め」が見てとれます。

 この演説の中で、「米中連携」というすでに進んでいる事実を、初めて、肯定的に認めました。

これは、安倍内閣の外交上の「大敗北」です。谷内、柳井、斉木らが進めていた「中国封じ込め」が、全くの白昼夢だったことを正式に認め、その方針を放棄したものです。

 櫻井よしこや石平たちを担ぎ上げて、日本会議を土台にして、中国崩壊論をぶっていた人たちは、今後、どうなるでしょう。

この点は、安倍自身が4月29日のロンドンで、「中国経済なしには世界の経済再生が不可能」との現実を知らされ、自らの外交的目論みが「完全に詰んでいる」ことをようやく知って、帰国後、鳴沢の 別荘で大泣きしたのかもしれません。

その直後に、二階さんがAIIBに肯定的な発言をして、14日には北京のAIIB総会の後に習近平に会って、安倍総理からの親書を渡しました。しかし、安倍の周りには、まだ、この事実を認める事ができない人、まだ盛り返せると信じる人 ーこれが満州亡霊に取り憑かれている人間ー がたくさん居て、そんな人間に、今回、もうその夢はありません、と表明したものです。

 その直後でしたね。デンデンたちの夢。愛国教育。その拠点となるはずの、森友学園。ここに、大阪地検がガサ入れに入りました。

 いまの安倍内閣は、自民公明の連立内閣です。

この2月11日からの、モリ・カケ・共謀罪騒動に、公明の婦人部と学会は、どんな思いでいたのか?自民党内にも、あんなミエミエ・デタラメ答弁と、異常な国会運営に、ホトホト、心がついていけない、と感じた人間も多いはずです。 

 これでは、国民からは、 完全に、民心が離れきっている。 

本人自身も、こう感じて、今回の演説だったのでしょうが、ここで、その夜、さらにNHKが、ようやく、まともに成って、真実を放送し出します。

 それが、NHKクロールズアップ現代。加計学園に関し、文科省から新証言が出たと放送。。

http://www.dailymotion.com/video/x5r8e1s_%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25BA%25E3%2582%25A2%25E3%2583%2583%25E3%2583%2597%25E7%258F%25BE%25E4%25BB%25A3-2017%25E5%25B9%25B46%25E6%259C%258819%25E6%2597%25A5_fun

 どんなに権力で、取り繕っても、自分は「関係ない」と、強気を通しても、事実は事実。
 日本国民を、どんなに舐めてかかっても 事実は事実。

安倍の裏側の、日本版戦争屋が、5月に入って、急速にチカラを失った事が原因と考えられます。
年初、トランプが即位したとき、日本会議と、日本の戦争屋さんたちは、元気もりもりでしたが、思惑が見破られれば、この人たちは、すぐに、尻尾を巻いて逃げるのです。もとより「魂がセコイ」のです。

 で、国際情勢を見れば、ヒラリーとつながっていた戦争屋が世界中でどんどん追い詰められて、いまは、日本が、そうした追求から逃れられる国になってしまった。ヨーロッパでは、テロがジャカスカ頻発しますが、この日本では、絶対に彼らによるテロ起こさせないとの、公安当局からの緊急要請だった可能性が大きい。 
 日本は、テロリストになってしまうほどの憎しみを生み出す邪悪な心をも、改心させる、そんな国なのだ、との自負があるのかどうか、それも分かりません。もし、それを言うなら、それは、国とというより、縄文以来の民族性というべきです。 列島内にも、犯罪を平気で犯す人間がたくさん居ます。

 いまの日本には、右にも、左にも、過激な思想と行動をする者がいるでしょうし、彼らを洗脳し、テロに使嗾する、プロの戦争屋のテロ集団が、いま、入り込んでいるのかも知れません。
 
 安倍はいま、外交面で、中国との対決姿勢は、ようやく完全放棄です。さらに、戦前の姿に、教育も、国家観も、利権体質も、すべて戻そうとしていた稚拙な思惑がバレて、この点は、日本会議共々、逃げるしかないのでしょう。
 
 日本会議も安倍本人も、本当の日本(縄文以来の心)を 知らないからです。 


あと、凄く重大な意味があるはずなんだけど、まだ詳細が分からない事件に、

伊豆半島沖での、日本郵船がチャーターしたフィリピン船籍のコンテナ船と、米軍のイージス艦が衝突した事件があります。イージス艦が破損し、米国軍人7名がとじこめられてしまった。ここで、示された事実は、「イージス艦は簡単に破壊できる。それも、船の衝突でいい」。 

 軍事専門家はみんな知っていたので、しょうけれど。

アメリカと中国の関係強化が、急速に進展していけば、アメリカにとっての日本はどうなるのでしょう。

 日本郵船は、日本の海運事業者の中核企業。岩崎弥太郎が出発ですが、その元は、坂本龍馬でした。
さらに、その起源はとなると、それは、 アマ族です。

 その伝承は、 大阪の住吉大社に籠もっていました。
・・・・
 長くなったので、 別掲します。


・・・・・・・
・・・・・
抜粋終わり


後ろの「戦争屋」の力は確実に落ちている。

だが、萩生田副官房長官の意気軒昂。

日本は、戦争屋の力はまだ弱っているといえ結構強い。

野釣り伏せで、文科省や在来日本人を叩きのめそうとしている。

ナチスですは、まさに自民党は・・・

マンシュタインロンメルに倣うのか・・。政略はだいたい日本人は阿呆なので、劣化ナチス=自民党=安倍総統とその仲間でも成功するのかな。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR