忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[8265]  [8264]  [8263]  [8262]  [8261]  [8260]  [8259]  [8258]  [8257]  [8256]  [8255
<<10 * 11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  12>>
シャンティー フーラ より

上記文抜粋
・・・・・・・

日米トップ2人の本当の関係 ~ひたすら媚びへつらう安倍首相 /トランプ大統領来日の目的

竹下雅敏氏からの情報です。
 トランプ大統領の来日に関するバカ騒ぎを総括すると、こういう感じになるのではないでしょうか。
 メディアでは、あべぴょんとトランプ大統領の仲の良さを懸命にアピールしていたように思いますが、現実には、ひたすらトランプ大統領に媚びへつらったあべぴょんの、「情けないほどの“ポチ犬”ぶりを世界中にさらけ出しただけ」のように見えます。
 2人の関係を物語るのが、ツイートにある動画のシーンです。こりゃいくらなんでも、あべぴょんが可哀そうだと思えるほど。リテラでは、“2人の姿は「友情」どころか、ヤクザの親分につきしたがう三下…金魚のフン”という、これまた、ピッタリの表現。家では、食事時でも使えるように“フンギョの金”と言っています。
 結局のところ、トランプ大統領の訪日は一体何だったのかですが、長周新聞が書いている通り、“武器を売りつけに来た”と考えてよいのではないでしょうか。万一、北朝鮮との戦争になってもアメリカ本土には影響がないと思っているトランプ大統領と、日本にも甚大な被害が出ると予想されるのに、何も考えていないあべぴょんが、北朝鮮を煽りまくって、“それを材料に日本に暮らすすべての人の血税で、アメリカの兵器を買って軍需産業を潤している”ということになるかと思います。
 誰がどう見てもこういう風にしか見えないのですが、裏の情報を考慮すると、トランプ大統領が羽田ではなく米軍横田基地に降り立ったのは、暗殺の可能性を考慮した為だと考えられます。
(竹下雅敏)
注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

テレ東以外のテレビ局は封印? 安倍とトランプ「ゴルフ場アクシデント映像」には両者の本当の関係が
引用元) リテラ 17/11/8


(前略)

 マスコミはほとんど報じていないが、実は5日、霞ヶ関カンツリークラブで行われたゴルフでも、2人の関係を物語るシーンが見られた。

(中略)

 6日の晩餐会の挨拶で安倍首相は、(中略)...ゴルフを通じた友情をアピールしていたが、2人の姿は「友情」どころか、ヤクザの親分につきしたがう三下、大企業の幹部を接待中の中小企業の係長、ガキ大将にくっついている金魚のフン……。

 しかも、深刻なのは、この関係性がトランプと安倍首相が進める日米外交にそのまま反映されていることだ。(中略)...

 安倍首相はゴルフ場で必死にトランプについていこうとして、すってんころりん、バンカーの底に落ちたが、その姿はまんま、日本の行く末を暗示しているのではないか。

(以下略)
————————————————————————
配信元) Twitter

————————————————————————
侮蔑されて喜ぶ属国の奴隷根性
転載元) 長周新聞 17/11/8
(前略)

 連日、メディアははしゃぎまわってトランプ狂騒曲を奏でていた。アメリカ大統領の訪日が嬉しくて仕方がない属国の奴隷たちには、およそ節操などないのだろう。(中略)...

 トランプの振る舞いは、終始、植民地従属国への侮蔑に満ちた挑戦的なものだった。「リメンバー パールハーバー(日米開戦のスローガンにした“真珠湾を忘れるな”の意)」と前日に吠えてやってきたのは、羽田空港ではなく横田基地だった。通常なら羽田に降り立つのに、大統領機エアフォースワンはあえて横田幕府こと米軍横田基地に着陸した。在日米軍司令部が置かれるこの基地から入国審査などお構いなしに米軍人やCIA要人が降り立ち、日本国内へ自由に出入りしていることは、かねてより問題になってきたが、そのように日本の法律や主権が及ばない場所に降り立ち、アメリカが占領支配している国なのだというあからさまなアピールをした。

(中略)

 トランプは結局なにをしに日本にやってきたのか? 本人が離日直後、「われわれの偉大な国に多くの利益を生み出すだろう。大量の軍関連やエネルギーの注文が来ている」と得意になってツイートしていることがすべてを物語っている。武器を売りつけにきたのだ。かくして接待した挙げ句に米軍需産業のカモにされ、いざ軍事衝突になれば最前線の戦場になるのが日本だ。それなのに新宿では、日頃は日の丸を掲げて朝鮮人ヘイトなどを叫んでいる団体が星条旗を握りしめて、トランプ歓迎デモや街宣をおこなっているという倒錯である。

 主権を蹂躙され、侮蔑されているにもかかわらずヘラヘラと笑ってにじり寄っていくのは、植民地支配に屈服した奴隷根性以外のなにものでもない。

(以下略)

(続きはこちらから)


北朝鮮危機を演出して、日本に「膨大な兵器」を「追加」で売りつけたトランプ大統領と買ってしまう安倍首相。
転載元) Everyone says I love you !(宮武嶺氏のブログ) 17/11/7

(前略)

首脳会談では、日本が米国製の防衛装備品をさらに購入していくことが議題となり、会見でトランプ大統領はアメリカの記者に日本のミサイル防衛について聞かれて、

「非常に重要なのは、日本が膨大な兵器を追加で買うことだ。そうすべきだ。我々は世界最高の武器を作っている」

(中略)

「我々に多くの仕事を、日本には多くの安全をつくる」

と述べ、日本がアメリカの膨大な兵器を買うことが、米国での雇用拡大と日本の安全保障強化につながるとの考えを示しました。

 これに対して、安倍首相も会見で

「日本の防衛力を質的に、量的に拡充していかなければならない」

「米国からさらに購入していくことになる」

と言い切りました。

 日本はすでにミサイル防衛でアメリカに1兆円ものお金を支払っており、さらに、

陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」も導入する方針です。

 また、日本はアメリカから1機当たり147億円(直近の予算単価)の戦闘機F35計42機の購入を決めています。

 それなのに、まだ、「膨大な兵器」をアメリカから買えとトランプ大統領に言われて、安倍首相は唯々諾々と買いますと言ってしまっているのです。

 これでは、自分たちが北朝鮮危機を盛り上げて、それを材料に日本に暮らすすべての人の血税で、アメリカの兵器を買って軍需産業を潤しているとしかいいようがありません。

(中略)

戦争放棄の憲法を持つ日本に、兵器を買え買えと迫るトランプ大統領にも腹が立ちますが、国民の税金をまるで自分の財布の金のようにホイホイ出してしまう安倍首相に非常に腹が立ちました。

そんな金がどこにある!


・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


DEEPLY JAPAN  より

上記文抜粋
・・・・・・・・
トランプが見せてくれたことをどう捉えるか

トランプは中国の北京首都国際空港に、多くの賓客がそうであるように礼儀正しく降り立った。

これはチャイナのCCTNのライブの動画。一応記念に貼っておく。

LIVE: Donald Trump arrives in Beijing for first state visit to China



で、トランプ夫妻は、日本と韓国は軍事基地に降りた。これはつまり、この図による違いですね。

中国、モンゴル、ロシア、インド、イラン etc.には米軍基地はない。そこが本当に米にとって他国だということでしょう。



で、この状況を、日本は戦後72年間、「同盟」関係であるとしてきた。NATO諸国も同様。米と同盟を結んだのだと言ってきた。しかし、それは本当なのだろうか。そして、その内実はどうなのか。

これらの諸国が考えるべき問題なんじゃないですかね。基地を置くにしても、あくまで主権国家の下にある基地として、例えば、特定の近隣諸国Aへの攻撃には使わせないといったことをその国が言えれば、それは単なる基地の設置といえるでしょう。

こういうことは例がないわけではなく、東欧諸国がほとんど住民に何の相談もなくNATOに入れられた後、ユーゴスラビアの攻撃に全員協力しろと言われ、確かハンガリー、スロバキアあたりが、別に自分たちはセルビアに恨みもないし、仲がいいので出来ないと言い出して揉めたことがあった。どっちかは、空域は使わせるが兵隊は出さないという処遇を得たのだったような気がする。

しかし、今だったら恐らくそんな異論は許されないでしょう。もう既に十分に懐柔され、軍のエライさんたちの出世のコースと米への服従がセットになっているから。

さてそれでどうなるのか。それは個々の国が決めること、というべきなんでしょうね。戦争に小姓として従うのか、それとも近隣や親戚国家のために自分は断固行かないと言い出すのか。その国の性質や本質が問われるってところということになるのでしょう。

ぶっちゃけ、こんなもの「同盟」と呼ぶ方がおかしいですけどね。同盟とは戦うために組むわけで、どうして常に誰かを敵視して暮らさないとならないのか。むしろこの枠組みがあるからこそ、敵が必要だったというだけの話。トルーマンというまったく適格でない男が大統領となった時から始まった、愚かで惨めな72年だ。



■ 参考記事

フリンの行く末とコミンテルン



・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

沖縄のことを良く書いてくれる人が、日本本土の支配層とそれを支持するアホ保守のことを「ヤマト」とよく書いてくれる。

日本の在来の人でも、権力にすり寄る犬ような人と、それに嫌悪感を覚える人にわかれる。

で、天皇家ってのは前者の忠誠・信仰対象である。


で、在日ラインが、今の日本の支配をしているのは確かだが、これもねこたさんが指摘したが、普通の在日の方々や中韓の人たちから見たらバケモノに見えている。

私が思うに、

ヤマト化{無責任で田舎者の夜郎自大でアホウDQNで下衆}化した在日

・と

在日化{半島的な狡猾}したヤマト


の混成体が、現体制であると想定してみる。


多分、これだと思う。「天皇制」ってのはヤマトを増長させ無責任を容認させる最悪の制度である。当の天皇家の方々も、良くも悪くも脱ヤマト化しているようなので、これは辟易しているだろう。



天皇制に日本と世界の悪党をかき集めて、金委員長位に核攻撃させたら、日本人の無辜の庶民も被害を受ける。
が、世界的には、効率的に、「世界中の悪党の消滅」と「福一の放射能の封鎖への進展」てことを考慮すると、安い買い物の妙計になる・・・。


正直、日本人には期待しない。生き延びて、真っ当な社会・政治の知識を得るまで、この世界の悪党の純粋培養体に殺されないように・・・
政治・社会思想以外は、日本人は世界の至宝だから・・・

まあ政治・社会思想は「三方得」を執行してないので、世界の癌です。



お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[11/17 笑む]
[11/17 通りすがりの名無し]
[11/17 通りすがりの名無し]
[11/16 みるみる]
[11/15 ナオト]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved