忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

そういえば、どのようにして光武帝は軍縮ができたのか・・・譚嗣同がそれを書いてないのに怒っていた。

産めよ増やせよ大和撫子 より

上記文抜粋
・・・・・・・・

何もまだしてないやつが一番適任  

ヒラリーは(個人じゃないので影武者でも何でも同じ)政権内部ですから

失政の責任を問われる

トランプは問われない

だが宣伝力、洗脳力も強力だからどこまでぶちやぶれるか

トランプは暗殺をどう防ぐか。

倒産に強い、独創的な事業人だから、バッサバッサと切りたいだろうが内乱になりかねない

元は南宋の敗残兵を日本に捨てにきて、魚の餌に。毛沢東は国民党軍と満州の日本シンパを朝鮮半島でb29の餌食に。

アメリカは捨てるところがない。中東に捨てるのか?

軍人は急に首切ると夜盗になって荒らし回るか、反乱軍になる。

家康は2度の大坂の陣で余剰兵力をすりつぶしたがそれでも大塩平八郎が乱を起こしている。

日本は日露戦争で勝ちすぎて、軍を削れなくなって暴走自滅した

兵を引くと言ってもできなかったローマの皇帝がいたっけ
ハドリアヌスだっけ

賢帝で名高いが当時の軍産に邪魔されて、建て直しができなくて、しまいに嫌になって

別荘にこもって哲学三昧


ホント歴史は繰り返すのです。道具立がえらく違うけど、中身の人間同じだから。

・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋おわり

>軍人は急に首切ると夜盗になって荒らし回るか、反乱軍になる。

>家康は2度の大坂の陣で余剰兵力をすりつぶしたがそれでも大塩平八郎が乱を起こしている。

>日本は日露戦争で勝ちすぎて、軍を削れなくなって暴走自滅した


そうだよね・・・

今の米英もそれだ。

軍人と軍産複合体や諜報関係者が食えなくて、暴れている。面もある。


にしても光武帝の軍縮は謎。

譚嗣同が、大変天国の乱以降の官兵の増加と資質の悪化をみて「なぜに、史官は、後漢の初期に、軍縮を成功したことを書かなかったのだ!」と怒っていた。


参考 

参考 2

参考 3

生活を保障して、農耕地を与えて、「闘う暇を与えない」のか・・・


あるいは、後漢か前漢か忘れたが

武器と豚・牛を交換して、剣や刀を穿いている人には

「お前はなぜ腰に豚や牛を穿いているのか!」と馬鹿にするように奨励して、農村・地域復興をして、治安を安定させた地方長官がいたとある。



まあ軍縮は、結構難題です。


お読みくださりありがとうございます。



拍手[0回]

PR