忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[7466]  [7465]  [7464]  [7463]  [7462]  [7461]  [7460]  [7459]  [7458]  [7457]  [7456
<<09 * 10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  11>>
京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・・
皇国史観「愛国教育」を肯定する国家観が「忖度」を増長させ、三通の契約書を生み出した。その狡猾な姿勢に日本版ネオコン=原発推進が潜んでいる。
籠池氏が、刑事訴追に関わるといって、証言をしなかった問題が、校舎の建設費での

 契約金額の異なる、3通の契約書。 

 これは、誰の指示・支持・アイデア・根回しで、いつ、どこで、作られたのか?

 ここがもっとも肝心なのだけど、 

安倍政権は、今、この森友学園事案から 逃げの「3手」です。    (図は朝日新聞から転載)

     写真・図版



籠池氏は、証人喚問で、2015年9月5日に、昭恵夫人が来たことで、「神風」が吹いた、と表現した。

それは、昭恵夫人が、名誉校長に就任してからだった。そのとき夫人には、有能な秘書がついていた。

秘書のいない席で、夫人は、「安倍晋三」からとして、学校建設への寄付を直接した、という。

どうも、このときに、明治以来の大日本「忖度」帝國 の威光が、森友学園事案に、差し込んだのでしょう。

戦前のご威光は天皇陛下でしたが、このときは、総理大臣です。しかも、総理大臣夫人には、夫人「付」という秘書が着いていた。夫人の存在が、ご威光の光の出入口で、夫人付からの声(問い合わせ)に対し、官僚たちが、一斉に「忖度」に動き出す。

この「付」という役職は政府予算で賄われるのです.から、れっきとした公務員です。第一次安倍内閣で生まれ、福田内閣になって取り消されたが、第二次安倍晋三政権になって、復活した。

安倍晋三氏の政権返り咲きを実現した大きなチカラに、民主党政権時代に、国家の枠組みが溶け出しているとの危惧があった。安倍は2012年12月の総選挙では、財界支援の下、9条改定を求める日本会議の面々と、ヘッドを失った統一教会の組織をフル活用し、政権を奪回した。

そして、どんな政策を打ち出すか、国家観・国家像の樹立が第一としたが、その背後にいた核心が葛西敬之氏だった。さらに、原発の再稼働と輸出を目論む経団連の今井敬氏。これは、軍事的パワーとマネーだけを基準にして、天皇を元首にする国家の「枠組み」を取り戻すことを目的にしたが、そのためのイデオロギーは、戦前に戻すしかなかった。

このとき、日本会議は、「皇室と国民の強い絆」が日本の「伝統」である、とことさら強調したが、これは、たかだか、明治に、強引に作られたものだった。(このとき、バチカンのイエズス会のやり方を参考にしている)。

「皇室と国民の強い絆」というのは、統一国家のできた明治からの政治的な話で、真の伝統ではない。ここをずばっと指摘するの神道関係者も多い(日本文明研究所や、清洲山王宮日吉神社の三輪隆有裕宮司など)。

ただ、第二次大戦の敗戦を恨んで、富国強兵の復活で、大東亜の盟主を目指す考えの神職が集まる神社もあり(その代表が、住吉大社)、ここが改憲を目指す日本会議とともに、国家神道(「皇国史観」での愛国教育)の復権を目論んでいた。

 国民のイノチより、国家の経済力=門閥・財界(国民ではない)のマネー。フクシマの惨状をごまかし続けながら、軍事強国を目指し、メディアをコントロールする。これが、安倍の後見人になった葛西路線だった。

この安倍政権を生み出した勢力の姿勢は、アメリカにトランプ政権ができても、全く変わっていない。

この間、ずっと、元総理の小泉純一郎が「脱原発は総理が決断すれば、できる」と言っていたが、それを、3年前の都知事選挙の時、笑っていたのが、安倍晋三だった。全世界に向けて「アンダーコントロール」と言って、東京五輪の招致を勝ち取ったあとだった。

 しかし、今回、分かったこと。

あれほど、熱狂的に塚本学園(籠池氏)の愛国教育を支持した、日本会議の人たちが、今回の国有地の格安売却問題が露見すると、一斉に逃げだし、籠池氏の悪口を言い出した。

 こんな中、総理大臣の安倍晋三氏は、持論である「美しい国」を語れるのであろうか? 朝日新聞がまとめているように、今は、逃げの3手を、必死に考えている、自己保身だけの、セコイ人間でしかない。

 2015年9月に、塚本学園(籠池氏)の愛国教育に、チーム「アッキー」によって、神風を吹かせたご威光は、いま、どこにいったのでしょう。

 所詮、放射能被害の実情を無視・隠蔽して、国家の利権や財産を、「お仲間」で、私物化しようとしていただけでした。こんな人間が、日本に限らず、人間の尊厳を無視する、世界のネオコン勢力に対して、どう立ち向かうのでしょう。これまでと同様、取り込まれることはあっても、それを取り払うことなど、とてもできないでしょう。


・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

超高層マンション スカイヲーカー より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
D・ロックフェラー死去で、奴隷ニッポン順次廃止へ。


「インドネシアのルフット調整相は24日、首都ジャカルタと東部の大都市スラバヤを結ぶジャワ島の既存鉄道(約750キロ)の高速化計画について、日本への要請をジョコ大統領が正式に決めたと述べた。記者会見で明らかにした。今年5月にも事業化調査(FS)を開始し、早ければ同11月末にもFSの結論を得る見通しを示した。」

ニッポンは従来から、カネも技術もない発展途上国に対して、

カネや技術を惜しみなく供与して、法整備を含めた各種最新のインフラを施し、

経済発展の手助けをしてきた。

周辺国家の経済水準向上を手助けするのは、

必ずしも、プラス面だけではないが、

健全な民主国家の育成して、豊かな周辺経済圏を創造する側面が大きい。

とりわけ、ニッポンの援助の対象になるのは、

かつて、大東亜共栄圏を目指した戦前の経済モデル対象地域であって、

先の敗戦を期に国家方針を大転換し、軍事行動を伴わない平和的手段でもって、

国際貢献を行うことを目標にした。

ニッポン独自の戦略的側面も多少あるとしても、

軍事的目的を伴うことなく、何にもない途上国や地域に、莫大な無償の投資をして、

経済圏を作ってゆくなどというのは、人類史上、前代未聞のことであって、

むしろ、ニッポンにとっては、プラスとマイナスを考えると、大幅なマイナスだろう。

それでも、ニッポンは黙々と無償の国際貢献を行っている。

一方、世界各国からすれば、お人よしそのものであって、

他国や何ら行政権を及ばない地域に、軍事的手段を講じることなく、無償の投融資を行うなど、

無謀であって、相手が誠意の通じない山賊や海賊であれば、

たちまち、一方的に食われてしまう。


・・先のバブル崩壊以降、ニッポンの国際貢献は、国民にとって、百害あって一利なし。

米国や中国、韓国、東南アジア諸国に食われ放題に食われ、

国内産業は低迷し、国民所得も低迷、財政赤字増大に、国民負担はますます上昇、

国民生活は全体平均としては、一貫として、低迷を続け、消費は低迷、

経済政策は漂流し、自殺者数は世界最大であって、

世界最低の不幸な国になっている。

国際貢献の旗振り役だった、デイビッド・ロックフェラーもやっと死んだことだし、

従来の、国民不在の一方的な国際貢献は辞めるべきだろう。

徹底して、ニッポン国民も寄付のしすぎで貧乏になってしまったのであって、

国家戦略も、まともな、実りのあるものに変更すべきだと、私は考える。

再び、国家方針を大転換する時が来た。



・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


「さあショウタイム」、ならぬ「さあ、クリーニングタイム」だ。

自国民の血肉を献上する「国際貢献」は、辞めて、もっと実りあるのをしましょうよ。

それが三方得の日本のやり方でしょうに・・・。


美しい死体の国が今の日本ですは・・・。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved