忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

さあ~て革命だ。今度は敗戦の時のような「天皇に執政権がある」ことががないので、やりやすいぞ。

日米地位協定を改定せよ:産めよ増やせよ大和撫子((旧日本の独立を目指して)))  より

上記文抜粋
・・・・・・・・
トランプはアメリカの父、ダディーの地位を確かにしたようだ  

マスゴミが一斉にトランプを褒め出した

演説で方向性が決まったようだ

アメリカの父、親父、子供のためには決して妥協しない頑固親父の地位を確保したようだ。

明らかな態度変化である。

買収できない、脅迫できない初めての大統領で、確かに、ジェファーソン以来かもしれない

すでに、アメリカの高官を支配する、人身売買、麻薬、小児性欲システムを破壊したようである。

また軍に明確な目標を与えた

今まで、「ホワイトハウスのいうことは美辞麗句だがしていることは真逆」という事態に苦しんでいたのだろう。

ネット上ではこれらが最大のトランプの成果だ。

トランプはアメリカのビッグダディーになった。

この60日のグローバリストとの格闘で、心が通じきちんと国民から評価されたのである。


確かに、リングに上がってプロレスをする興行主、なんて歴史で初めてだろう。そのまんまをホワイトハウスでして見せた。

ソフトバンクの名あげたのも面白い。周りが全部敵で、一番苦しい時に嘘でもいいから数兆円を持ってきたところで

あれで経済界の風向きが変わったのだろう。

中東王族のカネでもあるそうだ。つまりISにカネを出すのはやめた、トランプに投資するということ。

「戦争よりも建設にカネを使う」というふうに世界の風潮が変わったわけだ。

一般に腐敗し切った指導部で困りはてていた組織は、「当たり前のことを言うだけで偉大になれる」のだ。

大愚も経験がある。改革はデタラメな組織ほどやりやすい。本当は皆嫌がっているのだ。

人間の脳には他人の心を推し量るミラー遺伝子があり、この遺伝子は生存本能と直結している。

それを捉えたら勝ちである。



・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


自国民が「食えない」という生存権が脅かされているに、外に「自由と民主主義」とかいっても、自国民の生存権すら実現してない。
どこが「民主主義・人権・自由」なのか?嘘よね・・・。


で、日本はどうなの?

天皇陛下万歳言う前に、「みんなが食べれて」こそですは。

庶民を食わせない・活かせない天皇・王侯は、独夫・民賊で、悪魔です、死刑です。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

PR