忍者ブログ

渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

こんな自立軍は要らない。

弁財天 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・

ふつうにシャブとマネロンとGALILEOだな。
陸自の暗殺が止まったのはウィキリークスの公開で騒ぎが大きくなったからだ。
バングラデシュのサイバー銀行強盗。
フィリピン国民の3%をシャブ中。
露のカスペルスキーはラザラスと命名。
シャブとサイバー銀行強盗だけでなくボコハラムの臓器売買にもチャレンジ。
フィリピンのカジノでマネロン。ユニバEのオカダホテル。
警察と自衛隊。

おいおい。みっちゃんは違うだろw。だからおまいらは侵入するだけで、それ以上のインテリジェンスが決定的に足りないw。
スノーデンの2008年11月の新しいリークがNSAにも秘密にした土人のサイバー兵器の存在を示唆w

「2. (S//SI//REL) 君はいま日本でNSA長官代理として勤務している。日本のSIGINT要員をどう思うか?彼らの手法はNSAが行うSIGINTと似ているのか?」
「(S//SI//REL) DFS(日本のSIGINT局)には尊敬することもあるし、我々のと似ている部分もある。まだ冷戦時代のやり方に囚われている。」
「彼らはSIGINT者としては特にシグナル分析とSIGINT技術の分野でとても成果を上げている。」
「違うとこもあるが、そんな組織になっている。」
「彼らはもっとも取り扱い注意なプログラムを所有していて、SIGINTを特殊アクセスプログラムとして取り扱っている。」
「結果として彼らはむしろ熱くなり(stove-piped)、それって10年前のNSAみたいだ。」
「彼らがSIGINTをそんな近視眼的な方法で扱うので、多国籍部隊として彼らと連携するのも、 日本政府の領域で協調することもとても難しい。」
「相互的には(NSA-DFS)に彼らとは良いパートナーだが、彼らは混成または大きなグループに参加することを非常に嫌う。」
正確な土人描写w。DFSて陸自のことか?

「スノーデンは日本のスパイがまだ冷戦時代にやっていた方法に囚われていると非難。」
「しかしたぶん日本の非難されている手法は正されるだろう。」
スノーデンが北朝鮮情勢をみてリークに踏み切ったみたいだ。
「2006年5月のドキュメントは西欧とNSAの戦略パートナー部門が外交政策と通商活動をについて情報を集めるために日本をスパイしていたことを示唆している。」
「2010年7月NSAは米地裁の許可を得て米領土の日本人職員とワシントンDCとNYの日本銀行の監視を開始。」w


NSA長官の言ってたとーり。もろこれだわ。岩波書店の「世界」→2014年3月号
陸自「別班」危険な暴走 ──シビリアンコントロールの危機── 石井 暁
 陸上自衛隊に「別班」と呼ばれる秘密の情報部隊が存在する──自衛隊の幹部からそのような情報を得た筆者は、取材を開始する。五年の取材を経て、昨年末、秘密保護法をめぐる国会論議のさなか、共同通信社会部は大スクープを放った。「冷戦時代から首相や防衛相に知らせず、独断で海外に拠点を設け、身分を偽装した自衛官に情報活動をさせてきた」。シビリアンコントロール (文民統制)を大原則とする民主主義国家にとって、極めて重大な問題を報告する。
いしい・ぎょう 1961年生まれ。共同通信編集局編集委員。安全保障問題を中心に、自衛隊のルワンダ難民救援活動、環太平洋合同演習 (リムパック)、北朝鮮不審船事件、イージス艦情報流出事件、元防衛次官汚職事件、北朝鮮核実験などを取材。本誌2013年6月号に「日中軍事衝突をどう回避するか」を寄稿。

「冷戦時代から首相や防衛相に知らせず、独断で海外に拠点を設け、身分を偽装した自衛官に情報活動をさせてきた」w
シビリアンコントロールw

うーむ。そーゆー論点ならGALILEOで不正選挙介入してるのだから、シビリアンコントロールされちゃってるw。
防衛省は不正選挙にGALILEO使ったな #HackingTeam と群馬県の強盗殺人事件


「日本国家乗っ取り」=クーデター部隊w
ふつうにこれだわ。GALILEOで不正選挙介入して国家乗っ取りwやっぱ庶民は暗殺部隊の存在を示唆するね。ブログ→【陸上幕僚監部運用支援・情報部別班】 が独断でスパイ活動を継続していた!
陸自、独断で海外情報活動/首相や防衛相に知らせず /文民統制を逸脱/民主国家の根幹脅かす (47NEWS・共同)- 2013年11月28日(木)14:30
 陸上自衛隊の秘密情報部隊「陸上幕僚監部運用支援・情報部別班」(別班)が、冷戦時代から首相や防衛相(防衛庁長官)に知らせず、独断でロシア、中国、韓国、東欧などに拠点を設け、身分を偽装した自衛官に情報活動をさせてきたことが27日、分かった。  陸上幕僚長経験者、防衛省情報本部長経験者ら複数の関係者が共同通信の取材に証言した。
 自衛隊最高指揮官の首相や防衛相の指揮、監督を受けず、国会のチェックもなく武力組織である自衛隊が海外で活動するのは、文民統制(シビリアンコントロール)を逸脱する。
 衆院を通過した特定秘密保護法案が成立すれば、自衛隊の広範な情報が秘密指定され、国会や国民の監視がさらに困難になるのは必至だ。
 陸幕長経験者の一人は別班の存在を認めた上で、海外での情報活動について「万が一の事態が発生した時、責任を問われないように(詳しく)聞かなかった」と説明。情報本部長経験者は「首相、防衛相は別班の存在さえ知らない」と述べた。
 防衛省と陸自はこれまで別班の存在を認めておらず、 小野寺五典防衛相は27日夜、「陸幕長に過去と今、そのような機関があるのかという確認をしたが、ないという話があった」と述べた。
 関係者の話を総合すると、別班は「DIT」(防衛情報チームの略)とも呼ばれ、数十人いるメンバー全員が陸自小平学校の「心理戦防護課程」の修了者。同課程は諜報(ちょうほう)、防諜活動を教育、訓練した旧陸軍中野学校の後継とされる。
 別班の海外展開は冷戦時代に始まり、主に旧ソ連、中国、北朝鮮に関する情報収集を目的に、国や都市を変えながら常時3カ所程度の拠点を維持。最近はロシア、韓国、ポーランドなどで活動しているという。
 別班員を海外に派遣する際には自衛官の籍を抹消し、他省庁の職員に身分を変えることもあるという。
現地では日本商社の支店などを装い、社員になりすました別班員が協力者を使って軍事、政治、治安情報を収集。出所を明示せずに陸幕長と情報本部長に情報を上げる仕組みが整っている。身分偽装までする海外情報活動に法的根拠はなく、資金の予算上の処理などもはっきりしない。
 冷戦時代の別班発足当初は米陸軍の指揮下で活動したとされる。陸幕運用支援・情報部長の直轄となった現在でも「米軍と密接な関係がある」と指摘する関係者は多い。(共同通信編集委員 石井暁)
 【解説】 陸上自衛隊の秘密情報部隊「別班」が独断で行ってきた海外活動は、政府や国会が武力組織を統制して暴走を防ぐ文民統制(シビリアンコントロール)を無視するもので、民主主義国家の根幹を脅かす。
 これまで元別班員らが出版などを通じ、冷戦時代の活動の一端を語ったことはあるが、防衛省と陸自は別班の存在すら認めてこなかった。
 今回、陸自トップの陸上幕僚長経験者と、防衛省で軍事情報の収集や分析を統括する情報本部長経験者らが別班の存在を認め、海外展開を初めて明らかにした。
 万が一発覚した場合に備え、陸幕長にも海外の展開先や具体的な活動内容をあえて知らせず、自衛官の身分を離れて民間人などを装った佐官級幹部が現地で指揮する。
 首相や防衛相が関知しないまま活動する不健全さはインテリジェンス(情報活動)の隠密性とは全く異質で、「国家のためには国民も欺く」という考えがあるとすれば本末転倒も甚だしい。
 関東軍の例を挙げるまでもなく、政治のコントロールを受けず、組織の指揮命令系統から外れた部隊の独走は、国の外交や安全保障を損なう恐れがあり、極めて危うい。
 日米同盟を強化し、機微な情報を共有するには秘密保全が必要だとする政府は、国家安全保障会議(日本版NSC)発足と特定秘密保護法案の成立を急いでおり、その先に米中央情報局(CIA)のような対外情報機関の新設も見据えている。
 だが、特定秘密保護法案は恣意(しい)的な運用の歯止めがなく、別班のような「不都合な存在」は歴史的経緯も含め、永久に闇に葬られる懸念がある。
 別班に目をつぶったまま、秘密保全や対外情報活動の強化を進めるのは公明正大さを欠く。政府と国会は別班の実態を徹底的に調べて国民に明らかにし、民主国家の基本原理である文民統制の機能回復を図る責任がある。
 (共同通信 2013/11/28 14:30 ) 


【別班は「DIT」(防衛情報チームの略)とも呼ばれ】w

あら?これってスノーデンが言ってたDFS [Japan's Directorate for SIGINT] のこときゃ?
スノーデンの2008年11月の新しいリークがNSAにも秘密にした土人のサイバー兵器の存在を示唆w

・・・・・中略・・・・・【政治】 「北朝鮮にスパイ送った」「湯水のようにお金使えた」 元陸自の“別班”情報活動メンバーが実態語る
【政治】 「北朝鮮にスパイ送った」「湯水のようにお金使えた」 元陸自の“別班”情報活動メンバーが実態語る
1 :(ヽ´ん`) ◆ChahooS3X2 @ちゃふーφ ★:2013/11/28(木) 15:52:25.95 ID:???0
 首相や防衛相が関知しない独断による情報活動が明らかになった陸上幕僚監部運用支援・ 情報部別班(別班)。国内担当だった元メンバーが28日までの共同通信の取材に、 陸自内部でも存在そのものが秘匿されてきた情報部隊の実態を語った。

 ▽養成
 突然上司に命じられ、諜報や防諜の教育、訓練をした旧陸軍中野学校の流れをくむ陸自小平学校の 心理戦防護課程に入校。同期は7、8人でごくまれに海自、空自の隊員もいる。追跡、潜入、張り込み…。 教室の鍵は昼間も厳重で、小平学校長でさえ入室できない。

 同課程を修了して別班員になると、外部との接触禁止に。「身分証明書は自宅で保管し、持ち歩くな」 「年賀状も出すな」と指示され、防衛大の同期会は当然欠席。休職扱いか、いったん自衛官の 身分を離れるが、給料や退職金は満額が出る。

 ▽任務
 別班の本部は東京・市谷の防衛省地下。民間のビルの一室を借りた「アジト」が東京都内に 数カ所あり、組織を秘匿するため、渋谷、池袋、新宿…などを転々とする。  班員は数人ずつのグループで活動。他のグループのメンバーとは本部でたまに会うだけで、 本名さえ知らない。在日朝鮮人を買収し、スパイに仕立てて北朝鮮に送り込んだこともある。

 ▽資金
 活動資金が足りなくなれば、防衛省情報本部にもらう。金が余り、内輪で豪華宴会をしたこともある。 領収書は一切いらない。

 別の班員から「数百万円まで湯水のように使えた」「協力者には数十万円単位で使えと言われた」 「金を使わないと仕事をしていないと思われた」と聞いたこともある。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201311280097.html


陸自別班のホラッチョ朝鮮戦争w
元メンバーの発言からその組織のインテリジェンスのレベルまでバレてしまうのは問題だw。「湯水のような資金」w小野寺防衛相wあべちんの日本版MI6w。陸自「別班」の心配は不要だわw。(なんで?
あべちんは天才だ。あと20万年くらい総理大臣をやって貰いたいw。
おい、陸自。次の選挙で自民党を単独過半数にしろ。いいな。

・・・・・・中略・・・・@GuciYama →拓集(2013年11月28日7:12AM)

拓集:陸自が独断で海外情報活動/陸上自衛隊「別班」の存在否定 共同通信の報道に小野寺防衛相/自衛隊が韓国でスパイ活動/「北朝鮮にスパイ送った」 元陸自別班メンバーが実態語る/日本の自衛隊 秘密部隊がロシア、中国、韓国その他で諜報活動行っていた/日本、官房長官が秘密の諜報活動部署の存在を否定/陸上自衛隊「別班」の存在否定 共同通信の報道に小野寺防衛相/陸自情報活動、報道を否定=菅官房長官

陸自が独断で海外情報活動 首相、防衛相に知らせず
2013年11月27日 20時24分 (東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013112701002047.html
 陸上自衛隊の秘密情報部隊「陸上幕僚監部運用支援・情報部別班」(別班)が、冷戦時代から首相や防衛相(防衛庁長官)に知らせず、独断でロシア、中国、韓国、東欧などに拠点を設け、身分を偽装した自衛官に情報活動をさせてきたことが27日、分かった。
 陸上幕僚長経験者、防衛省情報本部長経験者ら複数の関係者が共同通信の取材に証言した。
 自衛隊最高指揮官の首相や防衛相の指揮、監督を受けず、国会のチェックもなく武力組織である自衛隊が海外で活動するのは、文民統制(シビリアンコントロール)を逸脱する。


--------

陸上自衛隊「別班」の存在否定 共同通信の報道に小野寺防衛相
http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013112701002323.html
 小野寺五典防衛相は27日夜、陸上自衛隊の秘密情報部隊「別班」が独断で海外での情報活動をしていたとの共同通信の報道に対し「陸幕長に過去と今、そのような機関があるのかという確認をしたが、ないという話があった」と述べ、別班の存在を否定した。防衛省で記者団に語った。
2013/11/28 00:14 【共同通信】(47NEWS)


--------

記事入力 : 2013/11/28 09:18
自衛隊が韓国でスパイ活動
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/11/28/2013112800657.html
共同通信は27日、陸上自衛隊の秘密情報部隊「陸上幕僚監部運用支援・情報部別班」(別班)が、冷戦時代から首相や防衛相に知らせず、独断で韓国、ロシア、中国、東欧などに拠点を設け、身分を偽装した自衛官に情報活動をさせてきたことが分かったと報じた。陸上幕僚長経験者や防衛省情報本部長経験者らの話として伝えた。
 別班は「DIT」(防衛情報チームの略)とも呼ばれ、数十人いるメンバー全員が陸上自衛隊小平学校の「心理戦防護課程」の修了者。同課程は諜報(ちょうほう)・防諜活動を教育、訓練した旧陸軍中野学校の後継とされる。
 別班の海外展開は冷戦時代に始まり、主に旧ソ連、中国、北朝鮮に関する情報収集を目的に、国や都市を変えながら常時3カ所程度の拠点を維持してきた。最近はロシア、韓国、ポーランドなどで活動しているという。自衛官の海外派遣時には自衛隊の経歴を消し、別組織の所属を名乗る。日本の総合商社の海外支社社員に偽装し、軍事、政治、治安に関する情報を収集するケースもあるとされる。
 小野寺五典防衛相は共同通信の報道に対し「(別班という)組織も、その海外展開も承知していない」とコメントした。日本政府が推進する特定秘密保護法案が成立すれば、こうした自衛隊の活動に対する国会のけん制やメディアの監視はさらに困難になる見通しだ。
金熙燮(キム・ヒソプ)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


--------

'13/11/28
「北朝鮮にスパイ送った」 元陸自別班メンバーが実態語る
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201311280097.html
首相や防衛相が関知しない独断による情報活動が明らかになった陸上幕僚監部運用支援・情報部別班(別班)。国内担当だった元メンバーが28日までの共同通信の取材に、陸自内部でも存在そのものが秘匿されてきた情報部隊の実態を語った。
 ▽養成
 突然上司に命じられ、諜報ちょうほうや防諜ぼうちょうの教育、訓練をした旧陸軍中野学校の流れをくむ陸自小平学校の心理戦防護課程に入校。同期は7、8人でごくまれに海自、空自の隊員もいる。追跡、潜入、張り込み…。教室の鍵は昼間も厳重で、小平学校長でさえ入室できない。
 同課程を修了して別班員になると、外部との接触禁止に。「身分証明書は自宅で保管し、持ち歩くな」「年賀状も出すな」と指示され、防衛大の同期会は当然欠席。休職扱いか、いったん自衛官の身分を離れるが、給料や退職金は満額が出る。

 ▽任務
 別班の本部は東京・市谷の防衛省地下。民間のビルの一室を借りた「アジト」が東京都内に数カ所あり、組織を秘匿するため、渋谷、池袋、新宿…などを転々とする。
 班員は数人ずつのグループで活動。他のグループのメンバーとは本部でたまに会うだけで、本名さえ知らない。在日朝鮮人を買収し、スパイに仕立てて北朝鮮に送り込んだこともある。

 ▽資金
 活動資金が足りなくなれば、防衛省情報本部にもらう。金が余り、内輪で豪華宴会をしたこともある。領収書は一切いらない。
 別の班員から「数百万円まで湯水のように使えた」「協力者には数十万円単位で使えと言われた」「金を使わないと仕事をしていないと思われた」と聞いたこともある。


--------

日本の自衛隊 秘密部隊がロシア、中国、韓国その他で諜報活動行っていた
タグ: 政治, 韓国, 記事一覧, 中国, アジア・オセアニア, 国際, 日本関連
27.11.2013, 17:59
http://japanese.ruvr.ru/2013_11_27/125073355/
自衛隊では秘密の諜報部隊が存在し、冷戦以降、長期にわたって、旧ソ連、中国、韓国、東欧諸国で活動してきた。本日、共同通信が防衛省情報筋として伝えたところによれば、議員の誰もこの活動を知るものはなく、首相およびかつての防衛庁長官でさえも知るところではなかったという。
小野寺防衛大臣は、そのような情報は手にしていない、と述べている。
秘密部隊には数十人、小平に養成学校があり、「心理戦対策」に関する教育が行われていたという。主要目的は、旧ソ連、中国、北朝鮮、韓国、東欧諸国における政治情勢、社会動向に関する情報収集。隊員らは、 会社の駐在員などの名目で活動していたという。身分証なども交換していたという。
最近ではロシア、ポーランド、韓国が対象になっていたという。
タス


--------

日本、官房長官が秘密の諜報活動部署の存在を否定
タグ: 政治, 記事一覧, アジア・オセアニア, 国際, 日本関連
28.11.2013, 09:49
http://japanese.ruvr.ru/2013_11_28/125097542/
菅官房長官は日本にも秘密裏に諜報活動を行う部署が存在するという情報を否定した。
28日の記者会見で官房長官は、自衛隊内に諜報活動を行う部署があるという報道を否定し、「報道にあるような組織はこれまで自衛隊に存在していないし、現在も存在していないと防衛省から聞いている」と述べた。
この声明のなかで、官房長官はこの情報を防衛省に確認することに同意している。
イタルタス通信


--------

陸上自衛隊「別班」の存在否定 共同通信の報道に小野寺防衛相
http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013112701002323.html
 小野寺五典防衛相は27日夜、陸上自衛隊の秘密情報部隊「別班」が独断で海外での情報活動をしていたとの共同通信の報道に対し「陸幕長に過去と今、そのような機関があるのかという確認をしたが、ないという話があった」と述べ、別班の存在を否定した。防衛省で記者団に語った。
2013/11/28 00:14 【共同通信】


--------

陸自情報活動、報道を否定=菅官房長官
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013112800417
 菅義偉官房長官は28日午前の記者会見で、陸上自衛隊が秘密情報部隊「陸上幕僚監部運用支援・情報部別班」を組織し、首相や防衛相に知らせず独断で海外に拠点を設けて情報活動をしてきたとの共同通信の報道について、「報道にあるような組織はこれまで自衛隊に存在していないし、現在も存在していないと防衛省から聞いている」と述べた。
   菅長官は「防衛省・自衛隊の情報収集は任務や所掌事務の範囲内で法令に従って適切に行われている」と強調した。(2013/11/28-11:53)
07:12 AM - 28 Nov 13 via Twishort web app

この中で朝鮮日報の報道に答えがでてる。

「冷戦時代から首相や防衛相に知らせず、独断で韓国、ロシア、中国、東欧などに拠点を設け、身分を偽装した自衛官に情報活動」
「別班の海外展開は冷戦時代に始まり、主に旧ソ連、中国、北朝鮮に関する情報収集を目的に、国や都市を変えながら常時3カ所程度の拠点を維持してきた。最近はロシア、韓国、ポーランドなどで活動しているという。」

おろ?ポーランドとな?シン・マツナガて別班だったのかぁ。なんだかなー。




ポーランド軍のヘリに日本人のシン・マツナガがレーザー照射、スタンガンとナイフ所持
【数十人いるメンバー全員が陸上自衛隊小平学校の「心理戦防護課程」の修了者。】
朝鮮大学校のある小平かぁ。有田芳生w。
PS4のCoD戦争ゲームのトラウマでイスラム国™ファイターをネットでスカウトしてたのは別班かぁ。
民間企業に潜り込んでるんだわ。
イタリアがプレステ4(PS4)のチャットのモニター開始。ベルギーがプレステ4のゲームコンソールに隠れたイスラム国™戦士の採用チャンネルがあるのを発見。NICTのトラウマモデル。

・・・・・・中略・・・・・


桧森 隆一 フォローする · 2014年6月4日 · 編集済み · ·
今日のロータリークラブの例会は陸上自衛隊小平駐屯地の見学でした。
おみやげに売店で自衛隊キャラメルを買ってきました。

ここは旧陸軍経理学校の跡地にあります。旧経理学校は現在の小平団地と関東管区警察学校、国土交通大学校を含む広大な敷地で小平駐屯地の4倍以上の面積がありました。
私の父は銀行員でしたが応召され旧陸軍の主計将校になったので、ここで訓練を受けたはずです。そう思えば感慨を覚えます。
現在は陸上自衛隊小平学校があり、
情報教育部、語学教育部、人事教育部、システム教育部、警務教育部、会計教育部の各部で専門の隊員や幹部の養成を行っているそうです。


ロータリークラブと陸自小平駐屯地、陸自小平学校、情報教育部、システム教育部。そして関東管区警察学校。
おー、そーなんだー。銀行員が陸軍の主計将校に応召されたんだね。
陸自小平学校には会計教育部もあって専門の隊員や幹部の養成もやってるぞと。
ここでマネロンとかSilk Road 4.0とか企画してるかすら?
手に負えないとギフハフ団にくるのかすら?
で、小平には朝鮮大学校もあるぞとw
ここまでくると、イスラム国™、ボコハラム、ホラッチョ朝鮮戦争、フィリピンのカジノとマネロン、土人国家体制の全貌なのでしょーな。陸自の暗殺部隊かぁ。しかも米軍より凶暴なw・・・・・・・中略・・・・


ぐはは。陸自の暗殺部隊が御巣鷹山につながるのか。そーくるのかと。NAVERまとめ→【知ってはいけない】JAL123便墜落の真相‼

ミサイルAIM4
出典 www.marvellouswings.com
「123便の事故は、本当は○○隊が○落させたんだよ。当時訓練で標的機を飛ばしていて、それが操縦不能になって、行方が分からなくなり、そのとき近くを飛んでいた123便にぶつかったんだ。墜落現場には標的機のオレンジ色の残骸があったから、誰もいないうちにヘリで回収したんだ」と。
出典【JAL123便墜落事故】彼等は無残にも、毒ガスで息の根を止められたり、火炎放射器で生きたまま焼かれた - 原発問題
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/a1a847e042b50e4899e8cc57750e87d1

墜落した123便の機体後部(尾翼付近)に、ミサイルAIM4(オレンジ色の機体)が突き刺さっていたという証言(佐宗邦皇氏の言)さえもある。
 実際、ご遺体の識別や鑑識に関わった医師や歯科医師が、「単なる墜落事故の遺体とは思えない」と語っているのを、われわれは、すでに聞いている。
出典【JAL123便墜落事故】彼等は無残にも、毒ガスで息の根を止められたり、火炎放射器で生きたまま焼かれた - 原発問題
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/a1a847e042b50e4899e8cc57750e87d1


あーぁ、何やってるだか。何つか墓穴を掘りまくったな。やっぱ意思決定の際のインテリジェンスが致命的に足りないw。


・・・・・中略・・・・・へー、元暗殺部隊がふつうにその辺をうろちょろしてるんだわ。バタやんも暗殺部隊だったのかすら?「自宅監禁性犯罪拷問慰安所作り」w
ボコハラムだわ。
なんで、ツイッターの検索ボックスて何でもわかっちゃうのかすらねw。

晴耕雨読→陸自『別班』危険な暴走 シビリアンコントロールの危機」:深草 徹氏(2014/8/20)
陸自の元将官
「あなたはずっとマークされている」
「別班には触らない方がいい」
「本当にあなたが虎の尾を踏んでしまったら、あなたを消すぐらいのことはやる」
と脅されたとのこと。なんと、佐藤優に少年探偵団が二重スパイ化されるリスクを指摘される「別班」w
たしかにこれは危険だわ。「別班には触らない方がいい」w結論から言ってこいつらは捜査ができない。証拠や動機や背景を考えない。いきなり拷問するタイプw。
「別班」は外国から子供だましにコントールされてしまう少年探偵団なのかぁ。 何を根拠に作戦を立案したのか全く自信がないのだろうし、間違いも多発しただろう。 だから陸自の元将官は「別班には触らない方がいい」「本当にあなたが虎の尾を踏んでしまったら、あなたを消すぐらいのことはやる」と脅すしかないのだな。

少年探偵団の延長線上にホラッチョ朝鮮戦争、ラザラス、イスラム国™、ボコハラムが存在するのだとすれば、この国は非常にやっかいな状況に陥ってることになる。
2014年12月16日の衆院解散総選挙と自衛官の違法捜査。チーバでNTTコムのラインを発見w。ラザラスか?w

・・・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり


自衛隊・特に陸自の別班。

これをみたら、今後自立軍が出来ても、侵略と市民弾圧しかしない化け物になるのは必然に思われる。

こりゃ、日本国が滅亡しないと、日本人が生き延びれないよな・・・

オマケ

金玉満堂ブログ より 


上記文抜粋
・・・・・・・・・

戦争のあり方が変わる
Monday, June 11, 2017
とうとう中国の無人機にSwarmIntelligenceを組み込むことに性交. http://mil.news.sina.com.cn/jssd/2017-06-11/doc-ifyfzfyz3098020.shtml
SwarmIntelligence って蜂などの昆虫、鳥の集団行動を司るアルゴリズムのことです.
群知能はたくさんのエージェントを用意してそれぞれが各々相互作用を起こしながら最適解を探し出す人工知能技術です。それぞれのエージェントを中央管理するわけではなく、それぞれが自発的に行動し、結果的に全体としての創発をもたらすところが特徴にあります.  http://seishin55.hatenablog.com/entry/2017/01/09/112050
----------------------------------------------------------------
スズメバチの大群を思い浮かべて貰えばいいです. 大群で目標に殺到したら防ぎようがありません. リーダーを叩き落としてもどれか適当なリーダーが出てくる.群れもくっついたり別れたり状況に応じて自由自在です.
このアルゴリズムを無人に実装すれば何百という無人機が攻撃目標に対して自律的に集団のあり方を変えて攻撃行動をとることになります.
どれかが妨害電波を出せばレーダーが役立たなくなります. レーザー砲で狙うことすらできなくなります.
弾幕を張っても射程外からミサイルが雨あられと飛んできます.
何兆円単位の金と万余の人員で成り立つ空母打撃群が無力化されてしまいます.
ゲームチェンジャーと呼ばれる由縁です.


・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


このような兵器ができるのに、「竹やり」のような国民動員と別班よる暗殺と国家の統制で勝てる・国を守れるって思うやつらが、日本を占領支配している。

こりゃダメだ・・・。日本国。今の支配層は日本人ではない。少数者だから、多数の日本人を殺して臓器売買できるのだ。

在日以前に、日本政府・日本の財界・日本の官界自衛隊が、非日本人だったのだ。


追記

この「陸自別班」の思想は、まさに日本会議そのものである。

参考 

>逮捕されたのは、警察官の父親だった。

☆母子3人が自宅で死亡 無理心中一転、殺人で捜査 福岡県小郡市 ⇒ 姫古曽神

>警察官である父親があらわすのは、父権、国家権力。
さらには、父なる火の禊。
これまでの「消防=鎮火できない」、「自衛隊=救助できない」流れにくわえ、静岡セッティングでは明治の初代内閣総理大臣とおなじ伊藤博文刑事部長の自殺が、安倍がもくろむ大日本帝国への回帰を警告した。

>小郡の母子殺害事件の背景にあるのは、テロ等準備罪(共謀罪)から憲法改正による警察権力および政府権限強化への流れだろう。
かつて安保法案で砂川判決が政府側の言い訳につかわれたとき、砂川市で飲酒暴走車による無惨なひき逃げ事故が発生。一家5人が死傷した。
あのときとおなじ警告だ。


この殺人者の警察官。対人関係に多少問題があるらしく、「職場が合わない」と数年ごとに職場を転々としていたとか。
さらに、「通信」関係の職務をしていた。

父たる警官=司法・武力・の通信官 =日本の国家の武力・司法とマスコミ

母=母なる山河

子供=子たる庶民。

殺害したが、心中と誤魔化す=放射能禍で、国土・山河を穢し、国民をころす。のを無かったように誤魔化している。


まさに今の現状を映した事象。

この父たる警官の一番物騒なカルト信者実働隊が、「陸自別半」なのである。

で、この家族殺しの警官が、死刑にならないと、日本の再生は無いと思える。





お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR