忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[8208]  [8207]  [8206]  [8205]  [8204]  [8203]  [8202]  [8201]  [8200]  [8199]  [8198
<<10 * 11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  12>>
超高層マンション スカイヲーカー  より

上記文抜粋
・・・・・・・
生活の苦しい大半の国民は死んだほうが楽になる。

エンゲル係数


「10月24日に発表された厚生労働白書で、40代を世帯主とする「年間所得が300万円未満」世帯の割合が増加していることが分かった。つまり、働き盛りでありながら収入が300万円に満たない人が多くなったことを意味する。30代と50代も同様の結果となっている。」


まともに働いても、家族を養えないニッポンとなったのであった。

結婚もできないし、子供もいないし、年老いた親も養えない。

マイホームが持てるはずもなく、マイカーなんて夢のまた夢・・

勉強もできないのに、私立大学に進学して、親が学費を払えないからローンで支払う。

私立大学出たって、宅配や新聞配達、水商売、介護など低収入でブラックな職場しかない。

学費を支払ったローンが残り、低所得で生活はますます苦しくなる。

そしてますます消費税増税の追い打ちで生活難から生存難に追いやられる。

もう、死にたい・・死んで楽になりたい・・

これが大多数のニッポン国民の実態だろう。

私が大学を卒業した80年代初頭は、

サラリーマンで年収600万円は普通クラスで、

年収1000万円程度はザラにいた。

財界のお偉いさんたちは、ニッポンのさらなる繁栄ためにはグローバル化が不可欠と考えた。

そのグローバル政策推進の末に、

大企業は破たんし、国内産業は軒並み中国に移動した。

物価を引き上げるといっては、ゼロ金利、場合によってはマイナス金利を促し、

金利の高い米国など外国に資金移動を促した。

当然、デフレ経済を政府日銀が推進する以上、デフレの蔓延する国内需要はない。

つまり、資金は軒並み外国に移動するのだ。

これが全ニッポン国民貧困化の原因なのだ。

このように、国民は貧困に苦しみ、その原因も明らかなのに、

政府日銀は米国に命ずるままに、グローバル化をますます推進する。

つまり、今後、ますます国民は貧困化してゆく。

本当に痛ましいことだ。

特に若い諸君には謝罪をしたい。

こんな社会を作ってしまって、申し訳ない・・私のせいではないけれど・・

・・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

このような無残な社会になったから、山尾さとこ議員が不倫してても当選する。

不倫よりも不食・不職が切実なのである。

喰えないのが革命の最大の原因。これは耶蘇金・ユダキンが煽らんでも革命が起きる。

さらに、こうなると共産主義的志向になり、耶蘇金謹製の「科学的社会主義・共産主義」に走って、皇室皆殺し・・てなりかねない・・でその反乱を抑えても国力が激減で外国の侵略には無力になりこれも滅亡・皇族絶滅ってなる。

そういう絵も見えている今上さんは、用心して「反戦」で頑張っているわけだ。


喰えないと、不倫すら我慢して食わせてくれる人に期待がいく。


そうなると、共産革命すらあり得る。安倍政権・自公は、万民の敵だけでなく、天皇の敵でもあるのだ。

それがわからんと・・・・まあ死にますは・・・


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[11/17 笑む]
[11/17 通りすがりの名無し]
[11/17 通りすがりの名無し]
[11/16 みるみる]
[11/15 ナオト]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved