忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

「天皇閨閥」の闇の膿がでるは出るは・・・このまま安倍政権がつづくと「天皇家皆殺し」楽しいね。

京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・・
田植えは気持ちいい、大地にアースで、生体電流がリセットされるから。まずは自分自身がいい共振装置になる。


19日の、飯山の戸狩での田植えイベント、楽しかった。
身体が、すっかり、スッキリしました。
中野に帰る前に、木島平の馬曲温泉に。

昨日は、未来創庵に残った仲間と、小菅神社の奥社まで。 
そのあとに、ハートの形をした北竜湖の、その脇にある温泉で汗を流し、
サンクゼールで、ソーセージセットで、昼食。 。

まあ、新緑の中、贅沢な時間でした。

田植えの前の18日に、信頼資本財団の熊野英介さんが北信州に来ていたので、合流し案内しました。
ここでは、朝食には、小布施の”珈茅(こち)”。
そして、中野市博物館に行って、縄文と弥生の融合、そして、日本最古の王様の棺を確認した後、
昼は、須賀川の竜王荘で、もちろん、須賀川そば でした。

熊野さんの使命感と仕事。
 未利用資源の有効活用。 未利用資源 ・・・廃棄物や耕作放棄地もあれば、人材や能力もありますよ。

「311」地震のあと、熊野さんは、瓦礫だらけの南三陸町に何度も通い、そこで、多くの復興事業と、
住民地域の再生に、新規アイデアを多く出し、実践・実験をしてきました。
その中に、家庭の生ごみから簡単にメタンガスを発生させる装置 を 開発実現しています。
被災者たちは言います。
「これが、地震の前にあれば、あのとき、凍えることもなかったのに」

国家とは何なのか? いろいろ考えます。

最近の私が、到達した考えは、
 ある領域内に生きる人間は、あたかも、サカナで、 国家とは、そのサカナを取る網だ ということ。

そして、その網を、今は、一体、だれが手繰っているか、ということ。

日本列島の場合、かつての高天原の運上人の場所に、今、いるのは、誰か、ということ。

1945年8月15日に、「人間宣言」で、日本列島からは、アラヒトカミは消えたはずですが、
明治にできた「網(国家総動員時代、1940年体制)」は変わらず、 それを、手繰る人間が変わっただけ。

「網」を新たに手探る人間が、 安倍と麻生ほど使いやすい人間はいないとして、
メディアどころか、司法も抑え込んでいる。 もちろん、教育も。

アラヒトカミの残影を求めるものが、 半島出身の皇国日本人に多かったが、

私たちは、リアルゴッド、本物のリビングゴッドと、ともに生きる空間と生活を、確立しないと。

AIとロボット人間。 どんどんすすむ、人間のロボット化。
まあ、真人間=真人 になるには、まず、天地人が、一つになれる体感から。それが、「田植え」でした。

・・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

私はこのまま農家で喰っていける自信は全くなくなった。

体力がすぐなくなる・・・ともわれ、発達障害の相談に行って、別の活路を探します。

かと言って農地を捨てる気は今は無い。

狂気の日本で「農地」無しに明日の安定は難しい。いつスーパーインフレとか、戦争とか、国家が兵糧攻めで庶民を虐殺にでるかわからんから。


まあ大地と遊離した「皇族」やら「公家」やら「大名」が長く権力層に居座って、政治的な阿呆な庶民を搾り取ってきたのが、「天皇・制」というカルト宗教なのです。はやく「天皇制を辞める」か「革命する」か「中露の植民地」になるかしかないのです。

煩悩さんが書いているが、日本は天皇家やら公家やら、大神社の神官やらが、政権交代という検証も無しに日本人を千年ほど支配して、その統治の結果には無責任という鬼畜外道ばかりなのです。

そいつらを、みんな消滅させないと、日本人は、真っ当な「人間」しては生きれません。

滅天皇制・それを拒むなら天皇に纏わるすべての者を日本の山河から消滅させるのみです。

闇の正体は 偽ユダヤ (グローバリズム) より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
世界は知っている 日本の近代史はヤクザ支配  CIA文書

☆ 例によって 日本国内のディープステートには 触れていないと思いますが ・・・

少なくとも 日本財団 統一教会の 自称日本人たちは 世界の 強力な マフィアです。

それが 明治の権力の 金庫番なのですから

今の 人間とはもはやいえない醜態は その当然の結果です。

このマフィアが 消滅することを祈ります  私は 日本の人でもあるが 宇宙の 地球に住んでいる人でもあるからです。

なお 笹川には 朝鮮名があるらしいとの情報は見られますが、他の人々の 出自は 探すことができません。



戦後の日本・欧州の視点:

[2008年ドイツ国営放送]児玉機関と笹川良一/CIAの傀儡統治~2005年に一般公開されたCIA文書(児玉ファイル)より





https://www.youtube.com/watch?v=vSSwdGV9UHg&feature=youtu.be


ナレーター:


略奪物資の追跡は米国文書館にて、画期的な進展を見る。

05年に、極秘扱いだった史料の一般公開が開始されたからだ。

これまで検証を受けることのなかった決定的な歴史資料を我々は、はじめてここで手に取ることになった。

1943-1945 


中国への侵略に伴い、通商都市上海を占領下に収めると、帝国海軍は、残虐行為にも怯まない男を探した。

中国で金・ダイヤモンドを略奪し、日本へ持ち帰ることがその任務だった。この極秘任務についた男が児玉誉士夫だ。

このCIA文書(児玉ファイル)は2005年に一般公開された史料の一つだ。

そこには、児玉による略奪行為の記述が存在する。

まつだ ひろし氏:海軍の任を受けた〈児玉機関〉と呼ばれる組織が上海で発足しました。

この度発掘された史料は、児玉機関が混乱に紛れて略奪物資を日本に運ぶことに成功したことを示唆するものです。」

ナレーター:

1946年、児玉は戦犯として東京で逮捕された。

審議の準備が進む中、児玉は、絞首刑を覚悟したはずであった。

しかし、マッカーサーに、米諜報部から児玉の略奪行為が知らされると、問題の重点は、略奪物資の所在を突き止めることに移った。

米諜報部は、略奪物資について総額3兆円にのぼるものと見込んでいた。

1948

1948年末、巣鴨拘置所に収監されていた一部の戦犯容疑者らが突然釈放された。

その中には、児玉誉士夫が含まれていた。

児玉の略奪行為は立件不可能だったのか?

それとも裏取引があったのか?

当時の事情に詳しい人物を我々は米カリフォルニア州に訪ねた。

ベアヴァルトは、GHQで日本の戦後処理に携わった人物だ。

戦争犯罪者が、公職へ復帰しないように監視する為の作業にあたっていた。

児玉釈放の件では、「指令本部内にも衝撃が走った」と当時の様子を振り返る。



ベアヴァルト:


当時司令本部は、児玉のような人物に次々とおぞましい裏取引を持ちかけたのです。

この裏取引は、彼らから情報を巧みに引き出すためでした。

ナレーター:

児玉のように釈放された人物の中には、笹川良一が含まれていた。

笹川には、上海における略奪行為を児玉に直接指示した疑いが持たれている。

笹川は有名なファシストで、ヒトラーやムッソリーニを崇拝し、ムッソリーニとの面会にはわざわざローマまで足を運んだほどだ。

笹川は独自の部隊を持ち、航空部隊を私意的に動かすことができたとされる。

しかし、これら全ての情報は外部に公表されなかった。

Michael Schaller:

笹川や児玉は莫大な略奪物資の所在を握る重要な人物でしたが、略奪物資の存在が公表されないまま彼らは釈放されてしまったのです。

ナレーター:

CIA文書児玉ファイルには、3億円相当の金塊を日本へ輸送したとの記述がある。

これは、無条件降伏の直前まで続いた海軍航空部隊による空輸活動を記したもので、上海、日本間の往復運搬が少なくとも10回以上に渡るものであったと記録されている。



文字起こし:hiropan

(転載終了)

ナレーター:

中国で略奪された物資が日本のどこかに持ち込まれたことは事実のようだ。



Ricardo Jose:



児玉や笹川は略奪物資の所在を隠匿したり、その物資を運用するのに最適の人物であると判断されたのです。

ナレーター:

児玉との裏取引を主導したのはマッカーサーであったのか?
彼らの釈放は、東京ではなくワシントンのホワイトハウスで決断された。

Hans Baerwld:

中国の共産勢力が国内で主導権を勝ち取ると、米国は中国に敵対し、脅威を抱くようになりました。

Ricardo Jose:

米国は、略奪物資が中国を牽制する為の有効な資金源になる事に気付きました。

略奪物資で日本経済を活性化させれば日中対立を温存し、半永久的に固定化できると考えたのです。

ナレーター:

これは、戦犯釈放の歴史に合理的な説明をもたらすものだ。

児玉・笹川らの釈放には、共産勢力との敵対を扇動させる狙いがあった。

05年の公開まで、機密扱いだったCIA文書には、この経緯が詳細に記されている。

児玉らは、金やダイヤモンドからなる略奪物資を資金として右翼団体や反共組織にばら撒いた。

CIA諜報員である児玉は、闇会社を仕切る犯罪組織・ヤクザの世界にボスとして潜入し、政治を裏で操った。

武闘的な右翼団体には、CIAからの資金を注入した。

1960年10月

日本社会党委員長が児玉を信奉する右翼青年によって殺害された。

公衆の面前で起きた、短刀による暗殺であった。

70年代末 ロッキード疑惑が浮上すると新聞紙上には、児玉の名が踊った。

同社の旅客機売買に関連する多額の裏金が明らかにされた。


この汚職スキャンダルで児玉に対する脱税の罪が確定した。

判決の直後、児玉はこの世を去った。

都内の墓地に眠る児玉は、日本の極右勢力の間で今だに崇拝され続ける存在だ。

児玉はCIAの諜報員として働き、戦後アジアの最も深い闇の中に歴史を刻んだ。

それは、略奪物資と金にまみれ、政治目的の暗殺を含むものだった。

これは東京の競艇施設だ。

このボートレース・ギャンブルは、人気も高く、既に50年以上も営まれてきた。

拘置所を出た笹川は、日本政府からボート・ギャンブル運営の許可を受けた。

私的な賭博運営を政府から許可された唯一の人物だ。

ボートは笹川を戦後一の成金に仕立て上げた。

一般公開されたCIA文書の中には笹川の個人のファイルが数多く含まれている。

笹川の親族は、CIAの取り調べに対して次のように証言している。

児玉機関の指揮権は、笹川が握り、児玉機関は、笹川の命令で動いていた。

笹川は戦後、児玉同様にヤクザ組織に浸透した。

そして、ファシスト陰謀工作をアジア全域で繰り広げた。

―――東京

「笹川は、略奪資金による政治家の買収工作を通じて、賭博利権を手に入れた。」

笹川の死後、賭博のインペリアル組織、日本財団は、親族によって引き継がれた。

日本財団の資産価値は、100億円を下らないと見られている。

我々は、事実を確認するため、インタビューを申し入れたが、回答は得られなかった。

(転載終了)

日本船舶振興会 一日一善


統一教会(勝共連合)を通してCIAに遠隔操作され続けてきた自民党

CIAが、安倍晋三の祖父である岸信介ら自民党の重要人物に秘密工作資金を提供し続けてきたことは、CIA自らが公表した事実です。

その資金で、岸信介は東西冷戦の最中、CIAの命によって「共産主義のとりで」という偽装の正義を掲げながら、笹川良一、児玉誉士夫とともに勝共連合をつくったのです。

勝共連合とは、朝鮮カルト、統一教会の教祖である文鮮明が、1968年1月13日に韓国でまず創設。

同じ年の4月、日本で岸信介らによって創設されました。

勝共連合の日本側の初代会長は、統一教会」の会長でもあった久保木修己。

東西冷戦の終結後、勝共連合はその存在意義を失い、徐々にしぼんでいきましたが、それでも自民党の議員の中には未だに名簿に名を連ねている議員が多く存在しています。

当然、日本側の勝共連合の創立者である岸信介の子供、安倍晋太郎(安倍晋三)の名前も載っています。

128名のうち、よく目に付くところで、町村信孝、中曽根康弘、中曽根弘文、鳩山由紀夫、鳩山邦夫、小泉純一郎、森喜朗、竹下登、細田博之、平沼赳夫、橋本龍太郎、亀井静香、中川秀直、中川昭一、尾身幸次、山崎拓、麻生太郎、古賀誠、松岡利勝、衛藤征士郎…。

CIAのコントロール下で日本を支配してきた清和会(現・清和政策研究会)の政治家はすべてといっていいほど勝共連合に入っています。

勝共連合の歴代会長は全員、統一教会幹部であり、役員の多くも統一教会信者で占められています。

その上、実質的に活動している会員たちも統一教会信者であるため、勝共連合とは、統一教会の事実上の下部組織であることは間違いのないことで、それはCIAにコントロールされているのです。

文鮮明は、自らを再臨のイエス(メシア)と称し、

「世界平和のために人類が一つの家族になるべき」という教理を掲げて、1970年代から日本・米国などで活発な布教活動を開始しました。

1991年と1992年に相次いで北朝鮮を訪問し、金日成主席に会い、兄弟関係を結んでいます。

んっ?

「世界平和のために人類が一つの家族になるべき」…。

そうです

岸信介とともに、日本側の勝共連合を創設した旧名「日本船舶振興会」の笹川良一のテレビCMでよく聞かされました。

「人類みな兄弟」。


その笹川グループの競艇利権にスッポンのように食らいついているのが、現・大阪府知事で日本維新の会の幹事長である松井一郎です。

日本維新の会と自民党の政策の違いを言うことは難しいほど、両者は酷似しています。

いずれ、かたちとはどうであれ、参院選に向けて選挙協力を言い出します。

これは、当然のことで、日本維新の会とは、自民党の別働隊だからです。

CSISが安倍晋三を使ってTPPに参加することを前提として、

東北・医療特区構想を日本側に推し進めさせている

日本船舶振興会は笹川良一の死後、日本財団と名前を変えました。

この名前もまた、

「この船が海底掘削を行った地点で地震が起こる」と言われている「海底掘削調査船・ちきゅう」が取り上げられるときに必ず出てくる名前です。

「ちきゅう」を持っている独立行政法人海洋研究開発機構には、毎年、日本財団から多額の寄付金が入っています。


また、日本財団は、“日本のメンゲレ”山下俊一と福島県を発起人にして、

「放射線と健康リスク」国際専門家会議を主宰した団体です。


---------------------

「放射線と健康リスク」と題した国際専門家会議が、震災から半年を迎えた11日から2日間の日程で、福島市の福島県立医大の講堂で開催され、

国際放射線防護委員会 (ICRP)や国連科学委員会(UNSCFAR)、国際原子力機構(IAEA)など、国際原子力関係機関の専門家が医療被ばくや情報提供などの支援を行う ことを決めた。

この会議は日本財団が主催、ICRP、福島県医師会、福島県立医大、放射線医学総合研究所(放医研)などが共催、ロシア、アメリカ、ウクライナ、英国などから放射線防護の専門家ら約400人が参加した。


---------------------

これは、外交問題評議会(CFR)の下部組織で、実質的な対日工作機関である米国戦略国際問題研究所(CSIS)の「復興に向けた日米パートナーシップ」の一環で、

すでに3.11前から日本のTPP参加を前提に進められていた東北・医療特区構想の端緒となる会議です。

東京財団とは、笹川財団=日本財団=東京財団と考えてもよく、日本財団の理事長である笹川陽平氏が顧問として入っている財団です。

竹中平蔵が一時期、この財団の理事長を努めていました。

政権が変わろうが、売国政策を進めているのです。

日本財団、東京財団のような財団がワシントンの対日工作機関であるCSISの受け皿になっており、そのCSISが日本のTPP交渉参加、

そして、福島県の放射能被曝者を実験台にした医療特区のモデル事業を日本側に推進させようとしているのです。

それはTPP参加後の「混合診療を全国へ広げるため」です。


竹中平蔵のような徹底して国を売り渡して日本国民の奴隷化を進めるような御用学者たちによって、日本丸は船底に穴を開けられようとしているのです。

そして日本丸沈没…。それは着々と進んでいます。


国家主義と新自由主義を同時に提唱する謎の思考回路を持った男

安倍晋三と自民党は、ワシントンのクローバル・エリートたち(無政府主義のワン・ワールド主義者)にとっては、単に「使えるバカ」と「その使えるバカを利用して政権の座にしがみつく妄執」に過ぎません。

安倍晋三は、「日本の農業は必ず守る」、「国民皆保険は守る」と言いながらTPPに前のめりに突入していきました。

しかし、当の本人が、「非関税措置(ISD条項)とは何か」をまったく理解できないのです。

それだけでなく、勝共連合の思想そのものである憲法改正や日本の核武装へ突き進もうとしています。

(※だから、「日本の核武装論者」たちは、実は統一教会の勝共連合の流れを汲む人々で、日本人の「成りすまし」であることに気がつかなければならない)

にもかかわらず、口では「うちゅくちぃ国」と言いながら、憲法についても経済についても、中学生ほどの知識もないのです。

安倍晋三には、常に彼の耳元で「神のお告げ」を囁く「神々」が付き添ってきました。

その「4つの神々」がテレビや週刊誌で一斉に取り上げられましたが、今は、そこにCSISという「もう一つの神様」が加わったということなのです。こんなに神様が多いと、とうとう収拾がつかなくなって、再び政権を放り投げて逃げだしてしまうでしょう。

東日本大震災と福島第一原発事故の二つによって炙り出された「CFRによる日本の完全奴隷化計画」。

さて、このCFR=外交問題評議会とは、そもそも何でしょう。

そのルーツは王立国際問題研究所(俗称、チャタム・ハウス)と同じ。CFRとは姉妹関係にある民間のシンクタンクです。

王立国際問題研究所は、植民地支配を続けてきた残虐なヨーロッパ貴族の末裔たちが、

新植民地主義の下に地球の再分配をしようと、勝手に世界の分割統治を計画している機関です。

一方、外交問題評議会(CFR)のほうは、デービット・ロックフェラーなどの「ユダヤ人の成りすまし=シオニスト」が主宰する世界統一政府を樹立するための戦略機関。

両方とも、ただの民間機関なのに、ここから大統領などのアメリカの代表者が出てくるのです。

小沢一郎も、自民党幹事長時代は、よくCFRに呼ばれていました。

ニューヨークにある外交問題評議会本部ビルは、国連ビルと同様、ロックフェラー財閥の関係者から寄付されたものです。

この外交問題評議会はビルダーバーグ会議とも連携していることが知られています。

つまり、世界は、外交問題評議会、王立国際問題研究所、ビルダーバーグ会議など「影の政府」によって動かされているのです。

そして、今、「彼ら」は、日本の完全支配のために重点的に取り掛かっているのです。

外交問題評議会の政策目標のひとつとして、

アメリカの中流は徹底的に破壊されてしまいました。

彼らが、とても悲惨な生活を強いられていることは、日本のメディアは一切報道しません。

ウォール街の資本が入っていて、日本のメディアもコントロールされているからです。

しかし、安倍晋三が目指しているのは国家主義です。

よく安倍晋三は精神分裂を起こさないものだと感心します。

いずれにしてもTPP参加後は、自民党の議員は用済みになります。

彼らの一人一人は、売国奴として、その名を後世に残すことになるのです。

http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-187.html?sp



・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

菊の御紋は、「NWO」というごろつきに尻をささげた男妾の象徴なのです。

こんな臭く汚いモノを「日本の象徴」としているのですから、総理から糞尿を垂れるのは必然なのです。

日本大学は、どうもこの男妾・武闘版を作る製造工場でもあったのです。


日本大学に、戦後日本の闇がたくさん埋まってます。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR