忍者ブログ

渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

「一緒に貧しくなろう」以前に、まずは大金持ち・財閥・霞が関の金を搾り取って平等に分配するすること。

徽宗皇帝のブログ より

上記文抜粋
・・・・・・・・

「平等に貧しくなろう」論への某氏の応援論

「国民負担率を高める」とか、NPOに過大な期待をかけているところなど、首を傾げたくなるような部分もあるが、全体としては私が最近書いてきた内容に近いかと思う。
つまり、私のような考えはへそ曲がりでも何でもなく、現在の社会状況を批判的に見る人間からは当然であり、上野千鶴子と私は、日本経済と日本社会の進むべき道に関しては完全に意見が一致している、と言えそうだ。
ただし、そうは言っても、私が上野千鶴子を嫌いなことは変わりがない。ああいう「戦闘的フェミニスト」は日本社会を精神的に悪化させ、日本女性をむしろ不幸にしてきたと私は思っている。その証拠に、今や若い男は女性に幻想を持たず、必然的に恋愛も結婚もする気は無くなっている。


・・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


この意見を忘れずに


一緒に貧しく・・ていうが、前の戦争のとき、そういう詭弁で財閥が焼け太りしたのを忘れていると、馬鹿な話である。

まあそういう簡単な話に騙される人が多いのは笑える。

一緒に貧しく・・て悪くないが、その前に「金持ちは金出せ、さもなくば殺す。その金は、すべての人に平等に分配する」ってのがないと、まあ1パーセントの走狗で、自分だけ美味しい思いをするのだろう。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR