忍者ブログ

渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

カルトは衰亡しているのか。

ねこたさんのご両親が、カルト脱会したようで。ねこたさんのツイッター


生長の家や、その徒党の日本会議カルトに、天理教の「闇」が噴出している。

阿含宗も教祖が浄土に行った。


どうも、カルトが弱っているように思える。


北朝鮮人脈・戦争屋人脈が弱っているからだろうか。


そのようにも思える。


仕事・就労をブラック化して、日本人を阿呆にするシステムに、ゲームもある・・。

悲しいが、「ゲームばっかりしている」ように追い込まれるのは、まさに現実に対応する能力・スキルを得てないことと、適切な能力・スキルを鍛える教育とは無縁の洗脳教育が「学校教育
」になっているから・・・。

参考 ネットゲリラ

上記文抜粋
・・・・・・・・

疑似達成感システム
野次馬 (2017年4月19日 03:06) | コメント(3)
大学を出てない無職がゲームばかりやってる、というんだが、まぁ、パチンコとかゲームとかは、そういう人のために存在するわけで、アタリマエですw 忙しい人はやらなくていいんだからw 世の中には、知的好奇心を満たすとか、努力を積み重ねて目標を達成するとか、他にも楽しい事はたくさんあるんだが、バカはバカなので、知的好奇心なんかワカラナイ。せいぜい痴的好奇心だけですw

プリンストン大、ロチェスター大、シカゴ大の経済学者らが発表した暫定報告書によると、20代の男性を対象に調査をした結果、電子機器を使った余暇の過ごし方と失業率に強い相関が見られたのです。
同研究データによると、2000年以降、大学教育を受けていない若い男性の失業率は大幅に悪化しています。失業している男性の多くは未婚で、親や家族と同居しているようです。
仕事も責任もないため余暇の時間が多く、そのうち75%をゲームに費やしています。同レポートでは、この集団の男性の仕事時間が減ると、その3分の1が娯楽用テクノロジーの使用時間に充てられることが示唆されています。
つまり、大学教育を受けていない男性の若者の多くは、地下室にこもって1日中ビデオゲームをしているのです。なぜ、そうなってしまうのでしょうか?

一般的には、いくら頑張っても何の報酬も与えられないゲームよりも、勉強や仕事や恋愛の方が、人を惹きつける。頑張ればそれなりに報酬が与えられるからだ。だから卒業するんだが、失業者にはそうしたインセンティブがないw 失業してたんじゃ、オンナも相手してくれないしw だからゲームに嵌まる。理屈は通ってますw

・・・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり


私が「半引きこもり」の時もゲームばかりしていた。

それくらいしか、正気を保てなかったから・・・まあネットゲリラ氏に言わせれば「アホウ」なのだろうが、虚弱体質で「発達障害気味」で、今の「洗脳教育」にさらされたら、止む無いと思いますは・・・

まあ良く首括ったり、病死しなくて、よかったです・・・。




カルトが弱体化しているので、「ゲームだ!」て見えるが、それをしてもらための「銭・経済力」を庶民・若者に与えてないので、寝言戯言ですは・・・



追記

私の家の観音像が、2月くらいから、なにか微笑んで見えることが多くなった。

カルトの力が衰えたからかもしれないと思ってもいる。

時示朗さんあたりも、なにか勘ずいているかも。

私よりも遥かに霊能というか想念を読む力という感応するのがあるみたいだから・・



お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

PR